YAFOメールマガジン VOL.71 2016年5月号


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.71 2016年5月号
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
■■ インデックス
◆テーマ1
『これから求められるNPOの姿』
~行政との協働、政策提言を通して~
【NPO法人スペースふう 理事長 永井寛子】
◆テーマ2
『郷土愛を育む大切さ』
【山梨総合研究所 主任研究員 古屋 亮】
◆研究員コラム 気になる数字 『12兆円』
◆山梨総研からのお知らせ
1.助成金情報◆公益財団法人山梨中銀地方創生基金の助成事業がスタート
2.平成28年度 第2回「アジアフォーラム21」研究会のご案内
◆まちづくり情報 
◆気になるデータ・読み物 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆テーマ1
『これから求められるNPOの姿』
~ 行政との協働 政策提言を通して~
【NPO法人スペースふう 理事長 永井寛子】
 NPO(Non Profit Organization=特定非営利活動法人)は、
阪神・淡路大震災を機に市民団体・ボランティア団体への法人格が求めら
れるようになり1998年に制定された特定非営利活動促進法を根拠法とする
法人である。今後ますます行政との協働により地域・社会に対する存在意
義が大きくなることが予測される。「リユース食器」から始まった環境問
題への取り組みが地元自治体との協働事業に発展した事例をお届けする。
http://www.yafo.or.jp/2016/05/31/5448/

◆テーマ2
『郷土愛を育む大切さ』
【山梨総合研究所 主任研究員 古屋 亮】
 山梨県民はこの地に自信と誇りを持っているだろうか。美しさや素晴らし
さを言葉として表現することができるだろうか。そして、それらを共有でき
ているだろうか。お隣の長野県はよく「県民意識が高い」と言われる。今号
では、その一端を紹介し、次号では月日を経て醸成された郷土愛が地域にも
たらす影響を筆者独自の視点からお届けする。
http://www.yafo.or.jp/2016/05/31/5459/

◆研究員コラム 気になる数字  『12兆円』
 2016年3月4日付け日本経済新聞の「新産業創世記」には、『VR・AR、
12兆円市場へ』との記事が掲載された。VRとは、コンピューターグラフィ
クス(CG)や映像を目の前にあるかのように浮かび上がらせるバーチャル
リアリティー(仮想現実=VR)技術を言い、ARとは、現実の光景に様々
なデジタル情報を重ね合わせて表示する拡張現実を指す。
 記事では、アメリカのゴールドマン・サックスによると、VR・AR関連
機器の市場規模が2025年に最大1,100億ドル(約12兆4千億円)との予測が紹
介されており、コンテンツは当面、ゲームやビデオなどが中心となるが、市
場拡大に伴い医療や教育など社会課題の解決に役立つ技術へと進化を遂げる
との用途の広がりへの期待も寄せられていた。
 行政に関係する事例として和歌山県有田市では、知名度アップ、地域PR
に向けてARの技術を使った地域PRゲームアプリ「AR-ARIDA」を
活用しており、㈱キャドセンター(本社:東京都千代田区)では、GPSと
AR機能を使い、現地の実際の風景と各種ハザード情報(最寄の一時避難所、
火災危険度、河川氾濫時の浸水の深さなど)を重ね合わせて表示するスマホ
アプリ【ARハザードスコープ】シリーズを開発している。また、㈱アスカ
ラボ(本社:東京都目黒区)では、「一乗谷朝倉氏遺跡」や「三内丸山遺跡」
などにおいて、地域自治体と連携し、AR・VR技術を用いた遺跡復元によ
る観光振興や地域活性化への取り組み事例を進めている。
 ところで、甲府市に目を向けると、中心市街地活性化、開府500年など、
VR・AR技術を有効に活用できる取り組みがあるのではないだろうか。例
えば、天守閣が目前にせまる映像であったり、江戸時代の城下町の様子が天
守台の眼前に広がったり、あるいは信玄公の時代の「甲斐府中」の様子が手
に取るように分かったりと。
 ますます拡大することが予測されるVR・AR市場。文字通り現実に仮想と拡
張を加える技術である。歴史ロマンへの活用はピッタリだと思う。想像する
だけでもわくわくするのは私だけだろうか。
(主任研究員 相川喜代弘)

◆山梨総研からのお知らせ
◆助成金情報◆公益財団法人山梨中銀地方創生基金の助成事業がスタート
 公益財団法人山梨中銀地方創生基金では、地方創生に資する取組みを行う
団体や個人等に対して次の助成を行います。

<助成事業(平成28年度)>
1.山梨県内で起業・創業を予定する、または起業・創業した法人・個人、
  起業・創業を支援する団体等に対する助成
2.山梨県の地域産業資源等を活用した事業を行う中小企業等に対する助成
3.U・I・Jターンする個人に対する助成
4.高度な技能・技術・知識向上に取組む個人等に対する助成

1.「起業・創業」、3.「U・I・Jターン」については、すでに募集を
開始しております。
詳しくは、こちらまで
→→→ http://www.yamanashi-chihousousei.or.jp/ ←←←

◆平成28年度 第2回「アジアフォーラム21」研究会開催のご案内◆
 弊財団では、今年度2回目の「アジアフォーラム21」を6月13日(月)
16:00~18:00、山梨県立大学(甲府市飯田5-11-1)において開催します。
 今回は株式会社日本総合研究所調査部、大泉啓一郎上席主任研究員をお招
きして「タイを中心とする東南アジア情勢(仮)」についてご講演いただき
ます。皆さまのご参加をお待ちしております(入場無料)。
詳しくは弊財団ホームページをご覧ください。
http://www.yafo.or.jp/2016/05/30/5441/

◆まちづくり情報
・「地域と学校の連携・協働の推進に向けた参考事例集」について
(4/28 文部科学省 公表)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/04/1370496.htm
・我が国における和紙産業のブランド力強化に関する調査結果
(平成27年度調査、5/10 経済産業省 公表)
http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2016fy/000165.pdf
・ラグビーワールドカップ2019開催による経済波及効果および各開催都市の
取り組みについて:経済波及効果推計 2,330億円
(5/23 日本政策投資銀行 公表)
http://www.dbj.jp/pdf/investigate/etc/pdf/book1605_01.pdf
・アメリカの地方都市にみる“完璧なダウンタウン”(中心市街地)とは
FOCUS地域&経済(5/6 株式会社ぶぎん地域経済研究所 公表)
http://www.bugin-eri.co.jp/doc/r1605z.pdf

◆気になるデータ・読み物
・景気ウォッチャー調査(平成28年4月、5/12 内閣府 公表)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0512watcher/watcher1.pdf
→景気は、消費動向等への懸念に加え、熊本地震によるマインド面の下押
しもあり、引き続き弱さがみられる。
・月例経済報告(平成28年5月、5/23 内閣府 公表)
http://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2016/0523getsurei/main.pdf
→景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。
・山梨県金融経済概観(2016年5月、5/13 日本銀行 甲府支店 公表)
http://www3.boj.or.jp/kofu/300gaikan/getu1605.pdf
→県内景気は、緩やかに回復しつつある。
・調査月報2016年5月:山梨県経済の動向、県内主要業界の動向
(5/24 山梨中央銀行 公表)
http://www.yamanashibank.co.jp/userfiles/comm/economy/5899/No.460.pdf
→最近の県内景気(3月~4月)は、横ばい圏域の動きとなっているが、
一部に弱い動きも見られる。

▼ご意見は下記まで!
 「YAFO メールマガジン」についてのご意見をお待ちしております。
 編集担当 までお送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「YAFO メールマガジン」
 配信アドレスの変更・解除は下記からお願いします。
 http://www.yafo.or.jp/#mailmagazine
■バックナンバーは
 http://www.yafo.or.jp/category/mailmagazine/
 をご覧ください。
■メールマガジンの内容に関するお問い合わせはまで
※このメールにそのまま返信いただいても、お返事できませんのでご注意ください。
発行:公益財団法人 山梨総合研究所 http://www.yafo.or.jp
   山梨県甲府市丸の内1-8-11 竹原ビル5階
   電話番号 055-221-1020 ファクシミリ 055-221-1050
発行人:村田俊也(編集担当:岩崎)
Copyrights (C) Yamanashi Research Institute Foundation.All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━