VOL.78 「2016/2017」


 我が国は今後、人口減少、高齢社会といった歴史的にも、また他国でも例のないほどの環境変化が進みます。そして、山梨県もこの大きなうねりの中に身を置くことになります。これからは明確な意思と現場において少々強引にでも突き進む覚悟と気概を持ち、外部と広く連携できる高い資質をもったリーダーが県内各地で現われることを願っております。私自身も来る年をそのように進んでいきたいと考えております。
 さて、読者諸氏には今年も当メールマガジンをご購読頂きありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。今年は幅広い分野からの専門家の声をお届けしたいとの思いを持ってスタートしました。地域資源、地域活動、移住、環境問題、ボランティア、行政課題から専門的・学術的なものまで、実際に活動している方々に執筆頂き、現場の声としてお届けできたのではないかと考えております。2017年も引き続き現場の声をお届けしますので、ご購読いただきますようお願い申し上げます。

(主任研究員 末木 淳)