受付終了しました▶日韓国際交流シンポジウム(10/7)参加者募集!


 

日本・山梨総合研究所-韓国・忠北研究院
第13回 日韓国際交流シンポジウム参加者募集!

 公益財団法人山梨総合研究所は、平成19年度から、山梨県の姉妹県である韓国・忠清北道の「忠北研究院」と研究提携を行い、地域に根差したシンクタンクとしての政策研究について交流を続け、相互訪問して国際交流シンポジウムを開催してきました。
 昨年度、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を受け、国際交流シンポジウムは中止しましたが、本年度は、「COVID-19がもたらした社会経済の変化と対応方策」をテーマに、オンライン開催することといたしましたので、お気軽にご参加ください。

 

第13回 日韓国際交流シンポジウム

 テーマ   COVID-19がもたらした社会経済の変化と対応方策

 日時  令和310月7日(木)午後2時~4

 開催方法  YouTubeによるオンライン配信
※都合により、別方法による配信となる場合があります。

 内容 
 日韓両国の喫緊の課題であり、収束が見えない新型コロナウイルス(COVID-19)の感染に関して、感染の状況、社会経済への影響・ライフスタイルの変化、感染防止対策、産業維持政策・生活支援策などについて事例紹介や情報交換を行い、両国や山梨県、忠清北道における状況打開の一助とする。(日本語への通訳があります)

 登壇者

【日本側】
山梨総合研究所 今井久理事長、佐藤文昭調査研究部長
甲府商工会議所 越石寛理事・事務局長 ほか

【韓国側】
忠北研究院 チョン・チョシ院長
忠清北道 ファン・ヒャンミ国際通商課長
清州商工会議所 チェ・サンチョン事業本部長 ほか

 申込締切  10月4日(月)

 

 申込方法  下記申込フォームよりお申込みください。
※お申込みいただいたメールアドレス宛てに、後日、配信URLをお送りします。

 ※受付終了しました

 

 お問い合わせ先 

公益財団法人 山梨総合研究所
〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-8-11 八光地産ビル5F(地図
TEL:055-221-1020(担当:清水、鷹野、櫻林、村田)
お問い合わせは コチラ