運動会というコミュニケーション

毎日新聞No.549 【令和元年10月11日発行】  秋の運動会シーズンである。  今年も、地域で、学校で、数々の名場面が生まれていることだろう。毎日小学生新聞2016年9月4日付けの記事『運動会の歴史』によると、明治期 […]

10/2 スタートアップシンポジウムを開催しました

10月2日に、スタートアップシンポジウムを開催しました。 60名にご参加いただき、盛大に執り行うことができました。  開催概要  日時:2019年10月2日(水)15:00~16:30 場所:山梨県立図書館 2F多目的ホ […]

Vol.254-1 伝統文化を学ぶということ

古流清光会教師 華道家 梅田一穂(うめだ いっすい)   1.はじめに  私は、現在日本語の講師と花道の師範をしている。外国の方に日本語や日本の伝統文化である花道を教えたり、また若い世代にも花道を教えている。 […]

Vol.254-2 キャッシュレス決済の普及に向けた取り組みについて

公益財団法人 山梨総合研究所 研究員 小澤 陽介 1.はじめに  現在、日本では少子高齢化や生産年齢人口減少の時代を迎え、特に小売や飲食業を中心に「人手不足」が発生している。この状況に対し、政府はキャッシュレス決済を普及 […]

VOL.111 「三十六景」

 「冨嶽三十六景」を描いた葛飾北斎といえば、日本を代表する浮世絵師である。世界的にも著名な画家であり、19世紀後半に起こった美術現象である「ジャポニズム」において多大な影響を与えた人物である。北斎の表現技法は印象派のゴッ […]

三世代同居のススメ

毎日新聞No.548 【令和元年9月27日発行】  小学校は運動会の季節である。子供の数が減る中、山間部では高齢者を含め地域の人たちも参加するこの行事は、集落の存続・絆を確認する貴重な機会であろう。  人口が減少に転じた […]

ワイン県として産地を守ろう

毎日新聞No.547 【令和元年9月14日発行】  山梨県は8月7日にワイン県宣言を行った。山梨県は、日本のワイン生産発祥の地である。約140年前に甲州市勝沼町在住の高野正誠、土屋龍憲の両青年が海外に留学をして、苦学の末 […]

YAFOメールマガジン <臨時号>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆公益財団法人山梨総合研究所メールマガジン定期購読者のみなさま ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   […]

YAFOメールマガジン VOL.110 2019年8月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.110 2019年8月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 読者の皆さまへ […]

Vol.253-2 中山間地における農業後継者の育成について

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 伊藤賢造 1.はじめに  農業の担い手不足が叫ばれて久しい。筆者の自宅周辺を散歩すると、いたるところに休耕地や耕作放棄地が目につく。  農業は、5.4兆円の生産額を有し、他国と比 […]

コーディネーターとしての役割

毎日新聞No.546 【令和元年8月30日発行】  先日、シンクタンク数団体が集まる会議に出席する機会があった。担当者同士で名刺交換をしていた際、いただいた名刺に目が留まった。あるシンクタンクの方の肩書が、“研究コーディ […]

水の可能性を考える

毎日新聞No.545 【令和元年8月16日発行】  まだまだ暑さが厳しいこの季節、子どもたちが水辺で遊ぶ光景が羨ましく、水辺の風景は私の心を惹きつける。  近頃、水遊びについては、子どもだけのものではなく、子どもから大人 […]

AIとデータ

毎日新聞No.544 【令和元年8月2日発行】  AI(人口知能)やIOT(モノのインターネット)が注目され、人間がやっている仕事がAIに取って代わられるのではないかと心配されている。確かに、自動運転の研究成果などを見せ […]

YAFOメールマガジン VOL.109 2019年7月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.109 2019年7月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━ […]

Vol.252-2 自治会を考える

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 渡邉 たま緒 はじめに  少子高齢化、人口減少により、地域の担い手不足が深刻化している。それは自治会(町内会)活動にも及んでおり、加入者が減り、運営自体が危ぶまれる地域もある。計 […]

VOL.109 「2兆1,400億円」

 今年は例年に比べ梅雨が長く、“夏”らしさを感じにくい日々が続いていたが、県内の小中学校も夏休みに入り、甲子園の代表校も決まり、いよいよ夏本番の季節を迎えている。県内の観光地にも、連日、世界各国、日本全国から多くの観光客 […]

パブコメに清き一票を

毎日新聞No.543 【令和元年7月19日発行】  パブリックコメント(以下「パブコメ」)という制度がある。国や地方自治体の施策の根拠となる行政計画やガイドラインの原案をウェブサイト等で公表し、市民から意見を寄せてもらう […]

醸造用ぶどうづくり チャレンジ事業 2019

ワインづくりのためのぶどうの栽培技術を、講義・実技を通じて学んでみませんか。 ぶどうの新梢管理、収穫、整枝・剪定等の一連の作業と、ワイン製造過程を体験できます!!  体験内容  講義・実技は、醸造用ぶどうの研究や栽培に携 […]

フォトロゲイニングの魅力

毎日新聞No.542 【令和元年7月5日発行】  フォトロゲイニングという競技をご存知だろうか。2005年頃から始まった日本発祥のスポーツと言われ、主催者から配られる地図をもとにチェックポイントを回り、得られる得点を参加 […]

YAFOメールマガジン VOL.108 2019年6月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.108 2019年6月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━ […]

Vol.251-2 治水考

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 小池 映之 1.序  国の果たすべき役割の第一義は国民の生命を守ることである。  災害による被害を少なくするために様々な防災対策が国や自治体によって行われている。しかし、災害が発 […]

VOL.108 「2984万3274円」

 3月8日に発表されたランボルギーニ社の新型「ランボルギーニ・ウラカンEVO」の日本価格は2984万3274円であるという。注目したいのはドライバーの次の動きとニーズを予測し車両制御を行う「フィードフォワード制御技術」が […]

家庭の働き方改革

毎日新聞No.541 【令和元年6月21日発行】  働き方改革が叫ばれる中、昨今RPAという言葉をよく耳にする。総務省のHPによるとRPAとは「ロボットによる業務自動化:Robotics Process Automati […]

関連記事が掲載されました (山梨日日新聞 2019.06.16)

関連記事が掲載されました。 執筆者:藤波匠(日本総合研究所 上席主任研究員、元 山梨総研主任研究員) 記事:【時標】理想の地域交通へ住民も声を 掲載紙:山梨日日新聞【総合面】  掲載日:2019.06.16 &#8212 […]

自己否定から始めよ

毎日新聞No.540 【令和元年6月7日発行】  数年前、マウンティング女子という言葉が流行った。今はマウンティングおじさんが増えているといわれている。  マウンティングとは、自分を相手より優位に見せようとする主張や行動 […]

YAFOメールマガジン VOL.107 2019年5月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.107 2019年5月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━ […]

Vol.250-1 改正入管法に則した優秀外国人人財の受け入れと人事政策

1.外国人への日本の教育事業で、人財不足解消、文化交流、郷土活性化を目指す  私たち日本礼儀作法協会では、アジアの提携先大学・短期大学で、日本に関する教育事業を実施しています。  教育事業の内容は、 (1)「日本語能力  […]

Vol.250-2 若者の将来の生活拠点を山梨県に向ける取り組みとして

公益財団法人 山梨総合研究所 上席研究員 古屋 亮 1.はじめに  消滅可能性都市や地方創生という言葉が生まれ、全国の都道府県、市町村が「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定してから5年が経過しようとしている。この計画 […]

VOL.107 「10%」

 政府は2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴う景気対策として、キャッシュレス決済等で買い物をした場合のポイント還元を実施する方向で検討を進めている。具体的には中小の小売店にてキャッシュレス決済等で支払いをした […]

コインの裏と表

毎日新聞No.539 【令和元年5月24日発行】 『地域シンクタンク』  私の名刺の所属欄にはそのような修飾語が記載されている。試しに、息子が愛用している小学館国語辞典を引いてみると、『地域:ある範囲内の土地』との説明で […]

もっとおせっかいを焼こう

毎日新聞No.538 【令和元年5月10日発行】  長い連休が終わり、日常が始まった。私は身延線で通勤しているが、朝夕の車内はリュックを背負った学生で混雑している。足下に置いたり、おなか側に持ったりといった配慮をする者は […]

YAFOメールマガジン VOL.106 2019年4月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.106 2019年4月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━ […]

Vol.249-1 地方創生の決定打「アルベルゴ・ディフーゾ(Albergo Diffuso)」

 スローシティという言葉をお聞きになった事があると思うが、これはイタリアで始まったスローフード(slow food)活動の考え方を拡張したものである。スローフードは、ファストフード(fast food)の対極的な意味で使 […]

Vol.249-2 山梨総研の現状の取組について

公益財団法人 山梨総合研究所 理事長 新藤久和 1.はじめに  山梨総研の理事長を拝命して2年になろうとしている。この間、20年にわたって活動してきた地方シンクタンクとしての山梨総研が置かれている現状は、きわめて厳しいと […]

VOL.106 「33基」

 新元号『令和』の時代が始まる。改元を商機ととらえる企業においては、改元を記念したセールの開催、「令和」の文字が入ったマグカップやTシャツの販売などを始めている。 この改元をチャンスと捉えているのは、企業だけではない。地 […]

目的の再確認

毎日新聞No.536 【平成31年4月12日発行】  新年度が始まった。4月1日には新元号「令和」が発表され、新しい時代への期待も高まっている。新年度の目標を立てた方も多いのではないかと思われる。 ところが、現状を改善し […]

YAFOメールマガジン VOL.105 2019年3月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.105 2019年3月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - 山梨総合研 […]

多様なモノサシ

毎日新聞No.535 【平成31年3月29日発行】   「少子高齢化」という言葉は、メディアをはじめ、行政の計画や文書、果ては酒の席に至るまで、様々な場面で登場し、耳にしない日の方が少ないのではないだろうか。 まるで、こ […]

Vol.248-1 従業員満足規格JSA-S1001について

1.はじめに  Kiru(切る)・Kezuru(削る)・Migaku(磨く)。わたしが勤める株式会社ディスコは、これらの技術の最先端を追求し続ける企業です。“ディスコの技術が世界標準になり、日本語のまま通用するレベルを目 […]

Vol.248-2 中部横断自動車道の開通で、山梨はどう変わる

公益財団法人 山梨総合研究所専務理事 村田 俊也 1.はじめに  中部横断自動車道は、静岡県静岡市を起点に、山梨県から長野県小諸市に至る約132kmの高速自動車道である。1993年11月に増穂IC(インターチェンジ)~双 […]

VOL.105 「3×9=27」

 「三寒四温」、「暑さ寒さも彼岸まで」などと言われるが、ようやく過ごしやすい気候になり、各地からさくらの便りが届き始めている。 甲府地方気象台は、3月27日、さくら(ソメイヨシノ)の開花を観測した。 民間の気象会社「日本 […]

平成とともに

毎日新聞No.534 【平成31年3月15日発行】  母に連れられ、甲府市中心部のデパートめぐりをするのが休日の楽しみだった。店内を歩いて洋服や雑貨を眺めるだけでわくわくし、レストラン街でグラタンやクリームソーダを食べる […]

2018年度アジアフォーラム21 シンポジウムを開催しました

日 時:平成31年2月26日(火)14:00~16:30 場 所:山梨県立大学 A館6階 サテライト教室 概要 → コチラ【PDF:320KB】 チラシダウンロード PDFファイルを閲覧・印刷するには、Acrobat R […]