県民こそ山梨ファンに

毎日新聞No.521 【平成30年8月17日発行】  毎年、この時期になると1通のメールが届く。私が2年間派遣されていた会社のバドミントン部からで、山梨県で合宿をするための体育館の手配の依頼と合宿へのお誘いである。私はバ […]

Vol.240-1 事業承継問題の最前線から

山梨県事業引継ぎ支援センター 統括責任者 深澤 克己 1.はじめに  昨年、新聞紙上に「大廃業時代の到来」というセンセーショナルな記事が掲載され、社会的問題として一般に認識されるようになったのが「事業承継問題」です。   […]

Vol.240-2 自立について考える~食料自給率・自国防衛をテーマに~

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 小池 映之 1.TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加の影響が懸念される日本の農業   TPPは、2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4か国で発足し、そ […]

VOL.97 「28度」

 少し落ち着いてきたものの全国各地で記録的な猛暑となっており、7月23日には埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上昇し、日本歴代最高を5年ぶりに更新した。山梨県内においても、甲府市で5年ぶりに40度を超え、40.3度を記録 […]

金融リテラシーの時代

毎日新聞No.519 【平成30年7月20日発行】  「山梨県は47都道府県の中で最も金融リテラシーが低い県である」。これは金融広報中央委員会が平成28年に行った金融リテラシー調査の結果である。この調査では金融リテラシー […]

スタジアム建設の地域活性化効果とは

毎日新聞No.518 【平成30年7月6日発行】  サッカーWカップが終盤を迎えているが、先日、県内への総合球技場の建設を想定した「スタジアムから生まれる新たな価値」と題するシンポジウムが開かれた。  政府の担当者による […]

Vol.239-1 人間と計算機の音声インタラクションの現在と未来

 山梨大学工学部コンピュータ理工学科 准教授 森勢 将雅 1.はじめに  まずは、Google I/Oの基調講演で示された動画[1]をご覧頂きたい。いくつもの魅力的な新技術が盛り込まれたプレゼンテーションである。その中で […]

Vol.239-2 地方創生の担い手づくり

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 森屋 直樹 はじめに  6月1日、来春卒業予定の大学生らを対象とする大手企業による面接が解禁された。  少子高齢化の進展や景気の回復基調などにより、就職希望者優位の「売り手市場」 […]

VOL.96 「31」

 「31」は、山梨県におけるジェネリック(後発)医薬品の使用割合を、偏差値で表したものである(全国健康保険協会、平成30年1月実績)。百分率に直すと、全国平均74.3%に対して、山梨県は67.5%であり、47都道府県のな […]

YAFOメールマガジン VOL.96 2018年6月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.96 2018年6月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━ […]

リーダーの果たす役割

毎日新聞No.517 【平成30年6月22日発行】  サッカーの祭典、ロシアW杯が開幕した。  この大会は、4年に一度の祭典として、全世界で延べ260億人ほどが視聴し、その視聴規模はオリンピックの5倍以上とも言われている […]

黒曜石が結ぶ広域連携

毎日新聞No.516 【平成30年6月8日発行】  八ヶ岳を中心としたエリアにおける縄文文化が、「日本遺産(Japan Heritage)」に認定された。  日本遺産とは、文化庁が平成27年から認定を開始した比較的新しい […]

Vol.238-1 ソフトウェア業という職業

 株式会社シンク情報システム 代表取締役 高山 尚文 はじめに  私は、山梨大学在学中にITベンチャーの起業を目指し、大学院修了後、流通業界の知識習得のため山梨県内のチェーンストアに5年間の期限付きで採用していただきまし […]

Vol.238-2 少子化が及ぼす高等教育への影響

公益財団法人 山梨総合研究所 理事長 新藤 久和 1.はじめに  平成30年度を迎えようとしている矢先の3月22日に、名古屋大学と岐阜大学が運営法人統合を目指して4月下旬に協議に入ることが報道された。また、本稿を執筆中の […]

VOL.95 「2件」

 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室の公表資料によると、2018年4月30日現在、山梨県内のオープンデータ取組済自治体は、山梨県と甲府市の2件であった。   内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室では、「オープンデー […]

YAFOメールマガジン VOL.95 2018年5月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.95 2018年5月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━ […]

存在に「ありがとう」

毎日新聞No.515 【平成30年5月25日発行】  母の日に、2人の息子がプレゼントをくれた。中学生の長男は照れ隠しなのか、ペンケースを「はい」とぶっきらぼうに、小学生の二男は画用紙で作った「肩もみ券」を得意気に-。 […]

国立大学法人の経営統合

毎日新聞No.514 【平成30年5月11日発行】  昨年度末に、名古屋大学と岐阜大学を運営する二つの国立大学法人が経営統合する協議に入ることが報道された。中央教育審議会でも、それを可能にするための法改正について議論が進 […]

YAFOメールマガジン VOL.94 2018年4月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.94 2018年4月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━ […]

地域ブランドの形成へ

毎日新聞No.513 【平成30年4月27日発行】  早いもので新年度がはじまって1か月が経とうとしている。気づけば、もうゴールデンウイーク。連休に旅行を計画している方も多いのではないだろうか。旅行会社のパンフレットや旅 […]

Vol.237-1 「租税教育」の必要性と展望 ― 山梨学院大学『租税教育プログラム』の取り組み ―

山梨学院大学現代ビジネス学部現代ビジネス学科 大学院社会科学研究科 教授 太郎良 留美 1 はじめに―「租税教育」の高まり  「税」について問われたら、皆さんはどのように答えるだろう。その多くは、税とは取られるもの、仕方 […]

Vol.237-2 山梨県における労働力不足の実態

公益財団法人 山梨総合研究所 専務理事 村田 俊也 はじめに  先日、山梨県の人口が82万人を割り込んだという発表があった。また、国立社会保障・人口問題研究所から3月に出された将来人口の最新発表によると、山梨県の人口は、 […]

VOL.94 「2分」

 米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は2018年1月25日「終末時計」を30秒進め、残り2分とした。  「終末時計」は、同誌の発行に関わる国際関係・科学・環境・安全保障の各識者グループの分析に基づ […]

クールビズ実施のお知らせ

 地球温暖化防止および節電対策の一環として、過度な冷房を控えるとともに、5月より軽装(ノーネクタイ・ノージャケット)での業務対応とさせていただきます。  皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

YAFOメールマガジン <臨時号>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆公益財団法人山梨総合研究所メールマガジン定期購読者のみなさま ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   […]

チャレンジの仕掛け

毎日新聞No.512 【平成30年4月13日発行】  新年度を迎えるたびに「出会い」と「別れ」を経験する。今年は新メンバーを迎え入れる立場となったが、かつての自分の経験を思い出すと、彼らが早く職場に馴染めるために何が出来 […]

新規派遣・出向職員が赴任

4月から、新しい仲間が加わりました。  山梨総合研究所は、山梨県様、県内市町村様、山梨中央銀行様、山日YBSグループ様から派遣・出向職員を受け入れていますが、このたび、山梨県様、山梨中央銀行様から、前任者の派遣・出向期間 […]

YAFOメールマガジン VOL.93 2018年3月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.93 2018年3月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - […]

統計リテラシーの重要性

毎日新聞No.511 【平成30年3月30日発行】  「裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、一般労働よりも短いというデータもある」。これは1月29日の衆議院予算委員会における安倍晋三首相の答弁である。  正しい社会認識 […]

Vol.236-1 抜き打ち避難訓練と浸水想定区域内の人口の推移について

山梨大学工学部 准教授 秦 康範 1章 はじめに  本稿では、筆者が2012年から学校現場で取り組んでいる緊急地震速報を活用した抜き打ち避難訓練と、山梨県と甲府市の浸水想定区域内の人口の推移について紹介したい。  199 […]

Vol.236-2 山梨は健康寿命がなぜ長いのか

公益財団法人 山梨総合研究所 上席研究員 古屋 亮 1 はじめに  健康寿命とは、健康上問題なく生活できる(介護や支援を必要としないで、日常生活に制限のない状態)自立期間のことをいう。  平成30年3月[1]厚生労働省が […]

VOL.93 「英語大好き100%に向けて」

 去る1年前、文部科学省は「平成28年度英語教育実施状況調査」の結果を公表した。この調査は、英語教育の充実・改善のために各都道府県・市区町村の教育委員会及び全ての公立の小学校・中学校・高等学校を対象として、「求められる英 […]

新世紀甲府城下町研究会設立15周年記念シンポジウムを開催しました (2018.3.11)

新世紀甲府城下町研究会設立15周年記念シンポジウムを開催しました。 日時:平成30年3月11日(日)14時~17時30分 場所:山梨県立図書館 多目的ホール テーマ:「蘇る小江戸・甲府 文化全盛!まちの記憶を未来に活かす […]

「制度のはざま」にいる人たち

毎日新聞No.510 【平成30年3月16日発行】  好景気が続いている。あと少し経過すると、戦後最長となるそうだ。でも、全ての国民が豊かな生活を送っている、というわけでもない。  昨今、気になっているのは、「制度のはざ […]

冬季オリンピックを見て

毎日新聞No.509 【平成30年3月2日発行】  平昌冬季五輪が2月25日に閉会した。インターネット上では会場までのアクセスや宿泊施設不足、メイン会場の吹きさらし、スキージャンプ会場の強風などの問題が開会前から騒がれて […]

YAFOメールマガジン VOL.92 2018年2月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.92 2018年2月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - […]

Vol.235-1 これからの自治のかたち 〜市民とICTとの有機的協創を目指して〜

新世紀甲府城下町研究会 会長 小宮山 要 公共事業の功罪と自治精神の終焉  山梨県池田村村長であった祖父、小宮山清三は、昭和8年11月4日に長逝した。享年53歳4ヶ月。各新聞は「消防の父死す」の大見出しを付けた。消防思想 […]

Vol.235-2 山梨県の環境・健康産業の振興に向けて

公益財団法人 山梨総合研究所 調査研究部長 中田 裕久 はじめに  山梨県は首都圏(3,000万人)に近接し、豊かな自然環境を持つ地域です。環境や健康に対する社会的ニーズが増大している今日、県内の自然資源や知的資源を生か […]

VOL.92 「866人」

 2月8日から2月25日まで、18日間にわたり開催された平昌オリンピックは無事にフィナーレを迎えた。今大会では金メダル4個を含む13個のメダルを獲得し、メダル総数としては過去最多、金メダルの数では1998年に開催された長 […]

移住者に優しいまちとは

毎日新聞No.508 【平成30年2月16日発行】  神奈川県から山梨県に移住をして来てもうすぐ10年になる。テレビの天気予報を神奈川県ではなく、甲府から見ることにはじまり、買い物環境、飲食店、道路事情をクリアし、周囲の […]

公益財団法人 山梨総合研究所 OB会を開催しました

公益財団法人 山梨総合研究所 OB会を開催しました。  平成30年2月3日(土)、岡島ローヤル会館において公益財団法人山梨総合研究所のOB会を開催しました。  県内唯一の地域シンクタンクとして平成10年4月に創立されてか […]

第5回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました

第5回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました。 日時:2018年1月23日(火) 16:30~18:30 場所:山梨総合研究所 6階会議室 テーマ:超高齢化と人口減少下での持続可能な国づくりと空き家の活用【1,84 […]

第3回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました

第3回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました。 日時:2017年8月22日(火) 16:30~18:30 場所:山梨総合研究所 6階会議室 テーマ:地域資源を活用した地域づくり事例 → 掲載ページ(H29年度活動報 […]

高齢者を狙うのは、、、

毎日新聞No.507 【平成30年2月2日発行】  国立社会保障・人口問題研究所が先月発表した、「日本の世帯数の将来推計」によると、2015年の全国の総世帯のうち、最も多い家族形態は家族一人の「単独世帯」で1,842万世 […]

YAFOメールマガジン VOL.91 2018年1月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.91 2018年1月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - […]