地域社会を支える「内助の功」

毎日新聞No.489 【平成29年5月26日発行】  今年の夏休み、初めて地域のラジオ体操当番を担うこととなった。夏休みが待ち遠しかった少年時代ははるか昔のこととなったが、朝の涼しい時間帯に皆で参加したラジオ体操のすがす […]

関連記事が掲載されました (毎日新聞 2017.05.25)

関連記事が掲載されました。記事:『独創的視点の分析 研究員の発表に耳傾け/山梨』 毎日新聞 地方版/山梨面掲載日:2017.05.255月24日に行われた『平成28年度 自主県有発表会』について、掲載されました。たくさん […]

YAFOメールマガジン <臨時号>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆公益財団法人山梨総合研究所メールマガジン定期購読者のみなさま╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  […]

引越しの挨拶はするな

毎日新聞No.488 【平成29年5月12日発行】  今春、娘が大学に合格し、下宿先を探すため、東京の不動産屋を訪ねた。幸い、割と駅に近く、閑静な住宅地のワンルームマンション(アパート)を見つけることができた。オートゲー […]

災害現場とドローン

毎日新聞No.487 【平成29年4月28日発行】  2年前の「首相官邸屋上のドローン落下」、「長野・善光寺御開帳の際のドローン落下」以来、ドローンの話題が急激に増えている。現在では熊本城でドローンを飛ばし、データを集め […]

YAFOメールマガジン VOL.82 2017年4月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.82 2017年4月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       -  […]

Vol.225-1 北の杜に生きる

北杜市役所 企画部 部長 濱井 和博 過分にも一筆記す機会を得ましたので、謹んで筆を執らせていただきます。北杜市役所では、平成の大合併にあたり「新しい時代の新しいふるさとを創ろう」と、景気低迷や少子化といった社会経済の激 […]

Vol.225-2 健康寿命を延ばすには

公益財団法人 山梨総合研究所上席研究員 古屋 亮1 はじめに 平成27年12月[1]厚生労働省が発表した都道府県別・男女別の健康寿命では、平成25年の山梨県の健康寿命は男女とも全国第一位となっている。平成11年の旧厚生省 […]

VOL.82 「40年70兆円29世帯73人」

  40年がかかるといわれている福島第一原発の廃炉。今年4月、日本経済研究センターは福島第一原発事故の対応費用が最大で総額70兆円に上るとの試算結果を公表した。費用の内訳は、除染費用が30兆円、汚染水処理を含めた廃炉費用 […]

第1回環境・健康ビジネス研究会を開催しました (2017.4.25)

第1回環境・健康ビジネス研究会を開催しました。日時:2017年4月25日(火) 16:30~19:00 場所:山梨総合研究所 6階会議室 参加人数:12名テーマ1:UAVによるダム湖および原石山の多視点画像計測と3Dモデ […]

関連記事が掲載されました (産経新聞 2017.04.25/理事長 渡辺利夫)

関連記事が掲載されました。記事:『正論/「北朝鮮」カードと中国が最も嫌悪する「一つの中国」カードを駆使…「狡知」際立つトランプ対中外交』 産経新聞/オピニオン掲載日:2017.04.25寄稿:拓殖大学学事顧問/弊財団理事 […]

ディズニーに負けるな

毎日新聞No.486 【平成29年4月14日発行】  オリエンタルランドは7日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(以下ディズニーと記す)の2016年度入園者数(速報)を発表した。それによると、16年度は3000万 […]

「働き方改革」の契機に

毎日新聞No.485 【平成29年3月31日発行】  今日は月末の金曜日、先月に続き2回目のプレミアムフライデーの実施日である。給与支給日に近い月末の金曜日の仕事を早く終えて消費を喚起しようと、政府と経済界が主導した企画 […]

YAFOメールマガジン VOL.81 2017年3月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.81 2017年3月号╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ […]

VOL.81 「4%」

 読者の中でAEDの使用方法の研修を受けたことのある人はどのくらいいるだろうか。AEDはかつて医師しかその使用が認められていなかったが2004年7月からは一般の人も使えるようになり、学校、駅、コンビニといった多くの場所に […]

Vol.224-1 地理空間情報(オープンデータ)で見る地域

合同会社 環境計画設計 代表社員 稲﨑昇一1.はじめに WEBやスマートフォンなどの地図サービスを使用しての、移動ルートの検索や店舗情報の入手は私たちの日々の生活を便利にしている。これらのサービスは地理空間情報を用いた技 […]

Vol.224-2 ドローンを巡る動向と国・自治体・企業の取組み

公益財団法人 山梨総合研究所調査研究部長 中田 裕久はじめに 3月に、英国企業から空から自撮ができる手のひらサイズのドローンが発表された。重さわずか61グラムで最大20メートルの高さまで飛ぶという(日経新聞2017/3/ […]

子どもたちにスポーツを

毎日新聞No.484 【平成29年3月17日発行】  文部科学省は先月14日、プログラミング教育の導入を盛り込んだ、小学校の次期学習指導要領の改定案を公表した。こうした影響もあって、子どもを持つ父母の間で、プログラミング […]

「最適感」より「納得感」を

毎日新聞No.483 【平成29年3月3日発行】  この仕事をしていると、ファシリテーターの役割を任せられることが少なくない。 ファシリテーションとは何か。特定非営利法人日本ファシリテーション協会によると、「ファシリテー […]

YAFOメールマガジン VOL.80 2017年2月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.80 2017年2月号╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       ― 山梨 […]

Vol.223-1 「地域密着」を目指して

株式会社ファミリーマート 多摩・甲信ディストリクト甲府営業所営業所長 新井 史人1.はじめに 私たちファミリーマートは、2017年1月末現在山梨県に87店舗を展開している。県内出店以来、掲げてきた方針は「地域に密着した質 […]

Vol.223-2 色と街づくりに関する考察

公益財団法人 山梨総合研究所研究員 渡辺 たま緒はじめに 歴史を感じるローマの石畳、荘厳なバルセロナの建築物、海とのコントラストが印象的なギリシャ・サントリーニ島の白壁…。海外には、生きているうちに一度は目にしたいと思う […]

VOL.80 「10文字」

 「プレミアムフライデー」。少々分かりにくい造語ではある。官民協働で消費底上げと働き方見直しを目指す大キャンペーン。給与支給日に近い月末の金曜日には15時に仕事を切り上げ、自分の時間を楽しもうということのようだが定着する […]

関連記事が掲載されました (産経新聞 2017.02.27/理事長 渡辺利夫)

関連記事が掲載されました。記事:『正論/100万人割った出生数の衝撃 憲法第24条に家族保護規定を導入せよ』 産経新聞/オピニオン掲載日:2017.02.27寄稿:拓殖大学学事顧問/弊財団理事長 渡辺利夫拓殖大学学事顧問 […]

アクセス!RESAS!

毎日新聞No.482 【平成29年2月17日発行】  地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」をご存じだろうか。 地域の“見える化”を目的に経済産業省と内閣府が開発し2015年に運用を始めた。国勢調査、経済センサス […]

だれもができる「働き方改革」

毎日新聞No.481 【平成29年2月3日発行】  現在、「働き方改革」、とりわけ、長時間労働是正の取り組みについて、注目が集まっている。先日も、自民党の二階俊博幹事長がテレビの討論番組で「働き方改革」のうち、長時間労働 […]

YAFOメールマガジン VOL.79 2017年1月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.79 2017年1月号╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ […]

VOL.79 「9342%」

 クラウドファンディングという言葉を聞くようになったのは1、2年前であるが、当時は自分には縁の無いものだと思っていた。しかし今、あるクラウドファンディングサイトに夢中になっている。それは「Makuake(マクアケ)」であ […]

Vol.222-1 「食」に携わって

フランス料理シェフ ベーカリー&カフェ・レストランプロデューサーゴルパン代表 淺野 正己1.はじめに 大学卒業後フランス料理の世界に飛び込み、国内・海外で修行をし、フランス料理店のオーナーシェフとして、また当時まだ新しか […]

Vol.222-2 農観連携について考える

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 末木 淳1.はじめに 「グリーンツーリズム」への取り組みが盛んである。これは、農山漁村地域における農林漁業、自然、文化、人々との交流を楽しむことを目的とした滞在型の余暇活動を指して […]

関連記事が掲載されました (山梨新報 2017.01.27/理事長 渡辺利夫)

関連記事が掲載されました。記事:『渡辺・拓大前総長が講演~独自の死生観披露』 山梨新報 3面掲載日:2017.01.271月23日に富士川町と拓殖大が道の駅富士川で開いた地方創生をテーマにしたシンポジウムで、弊財団渡辺利 […]

平成28年度 第5回 環境・健康ビジネス研究会 概要報告

第5回 環境・健康ビジネス研究会の概要を更新しました。テーマ: GISを活用した地域資源の活用 (PDF)講 師:今井 修(有)ジー・リサーチ代表、地域力創造アドバイザー(総務省)、東京大学空間情報科学研究センター客員研 […]

「意」をあらたに

毎日新聞No.480 【平成29年1月20日発行】  親しい友人の話である。仮に「M」としよう。「M」は頭の回転が早く高等教育を受け、今は優良企業に勤めている。見た目も悪くはない。少々口数が多いが決して不快になる話しっぷ […]

関連記事が掲載されました (産経新聞 2017.01.11/理事長 渡辺利夫)

関連記事が掲載されました。記事:『正論/年頭にあたり 家族や国家巻き込む「長呪」の危険性 超高齢化社会をどう生きるか』 産経新聞/オピニオン掲載日:2017.01.11寄稿:拓殖大学学事顧問/弊財団理事長 渡辺利夫拓殖大 […]

当たるも八卦、当たらぬも…

毎日新聞No.479 【平成29年1月6日発行】  例年、私が元旦の朝に楽しみにしていることに、家族のあいさつ、友人知人からの年賀状、皆で食べるお雑煮、そして年末ジャンボ宝くじの当選結果がある。子供の頃は祖父母や親戚等か […]

YAFOメールマガジン VOL.78 2016年12月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.78 2016年12月号╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ […]

VOL.78 「2016/2017」

 我が国は今後、人口減少、高齢社会といった歴史的にも、また他国でも例のないほどの環境変化が進みます。そして、山梨県もこの大きなうねりの中に身を置くことになります。これからは明確な意思と現場において少々強引にでも突き進む覚 […]

Vol.221-1 やまなし移住の最前線から

やまなし暮らし支援センター 移住相談員 倉田 貴根1.はじめに 山梨県は人口減少を少しでも食い止めるため、2013年6月に東京有楽町の東京交通会館にある認定NPOふるさと回帰支援センター内に、山梨への移住や就職のためのワ […]

Vol.221-2 過労死等の防止に向けて

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 安部 洋1.はじめに 平成26年11月に「過労死等防止対策推進法」(以下「法」という。)が施行された。この法律は、過労死等に関する調査研究等について定めることにより、過労死等の防止 […]

農家の熱い想いを知ろう

毎日新聞No.478 【平成28年12月23日発行】  農業の衰退が指摘されて久しい。既に農業従事者の主力は60代後半から70代である。このまま10年も過ぎれば、個人農家はなくなりかねない。でも、消費者の関心が日本の農業 […]

平成28年度 第2回・第4回 環境・健康ビジネス研究会 活動報告

第2回 環境・健康ビジネス研究会、第4回 環境・健康ビジネス研究会の活動概要を報告します。<第2回>活動報告:木質バイオマスの活用に向けて【775KB】発表者:竹内良一氏(NPO法人循環型社会推進センター)<第4回>活動 […]

見えない展示会を見る

毎日新聞No.477 【平成28年12月9日発行】  現在、さまざまな技術革新の真っただ中にある。携帯端末である米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」が生まれたのが2007年、日本で販売されたのが20 […]

日韓国際交流研究会を開催しました (2016.12.01)

日韓国際交流研究会を開催しました。日時:平成28年12月1日(木)参加人数:27名 (うち韓国忠北研究院より4名来日)山梨総合研究所では平成19年度から、山梨県の姉妹県にあたる韓国忠清北道にある「忠北研究院」と研究提携を […]

YAFOメールマガジン VOL.77 2016年11月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.77 2016年11月号╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ […]

Vol.220-1 ふるさと・やまなしの『セーフコミュニティ』を目指して・・・

ボランティア団体 リズムオブラブ代表やまなし大使 渡辺 光美1.はじめに 「リズムオブラブ」は“かけがえのない命を大切にできる心と体づくり”を目指し、健康・安全に関わる課題を解決するための「山梨発信!健康安全郷育プログラ […]