Vol.181-1 地域を束ねるということ

農事組合法人 清栄 代表理事 浅川 豊和【はじめに】 平成19年2月に地域の農地、農業を守っていくため農事組合法人「清栄」を立ち上げた。法人では、私がいる北杜市高根町清里の樫山地区を中心として、主にソバと大豆を栽培してい […]

Vol.181-2 TPPを語る前に地域農業の現状を知ろう(前編)

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 古屋 亮1.はじめに ブルネイで開催されていた環太平洋連携協定(以下TPPと記載)閣僚会合が8月23日(2013年)に閉幕した。会合では、農産品などの関税の引き下げや知的財産の保護 […]

Vol.180-1 農業後継者としての就農とその後の成長

山梨県青年農業士会 会長 村松 公孝【はじめに】 我が家の農業は施設園芸(キュウリ栽培)が主な生産物で、水稲、柿(甘、渋)などを作っています。キュウリ栽培は温室ハウスの中で、冬春作と夏秋作の年2作栽培しています。子供の頃 […]

Vol.180-2 山梨の水資源を考える

公益財団法人 山梨総合研究所副理事長 早川 源1.はじめに 地球は水の惑星といわれている。その水の約97.5%は海水である。淡水は2.5%で、そのほとんどが南極や北極の氷である。利用しやすい河川・湖沼・地下水はわずかに0 […]

Vol.179-1 プロ農家としての活動の軌跡と地中熱を使った新しい栽培への挑戦

山梨県指導農業士会会長 樋口 孝男【農業との出会うまでの軌跡】 私は、都市化が進む昭和町で一応プロ農家をやっております。農業の世界に入ったのは約25年前。東京の大学で電気を学び、学生時代のアルバイトの延長で、地図会社で働 […]

Vol.179-2 三菱自動車工業㈱に見る企業文化の形成・進化〈 後編 〉

公益財団法人 山梨総合研究所専務理事 福田 加男1.はじめに 同社設立の経緯には、複雑で特殊な歴史的経路が際立っていることを前号「前編」で述べた。今回は、同社の「企業文化形成・進化」を歴史的経路依存性という視点から考えて […]

Vol.178-1 災害時における「情報」の考察(後編)

山梨県企画県民部情報産業振興室室長補佐 広瀬 信吾5.震災支援ソーシャルメディアの事例 東日本大震災において、ソーシャルメディアで流れた情報をストックして活用する様々なサイトが立ち上がり、被災者支援や被災地からの情報ニー […]

Vol.178-2 三菱自動車工業㈱に見る企業文化の形成・進化〈 前編 〉

公益財団法人 山梨総合研究所専務理事 福田 加男1.はじめに 企業文化についてのレポートは今回が3回目となる。そこで、本稿では具体的な会社を取り上げて企業文化の形成と進化を考えてみたい。  2期連続で赤字計上となったシャ […]

Vol.177-1 災害時における「情報」の考察(前編)

山梨県企画県民部情報産業振興室室長補佐 広瀬 信吾1.このレポートについて このレポートは、「山梨県地域情報化推進協議会」、「ブロードバンド基盤整備及び促進部会」において、山梨大学工学部土木環境工学科の鈴木猛康教授を座長 […]

Vol.177-2 アジアの中で生きる日本 ― 道は拓けるか

公益財団法人 山梨総合研究所理事長 渡邉 利夫はじめに 山梨総研が創立されて16年目に入る。自主研究「アジアフォーラム21」も平成12年度に開始され、以来、毎月のように研究会が催されてきた。年1回の海外研修も欠かすことは […]

Vol.176-1 森林散策と中高年の血圧

元 山梨県環境科学研究所副所長 永井 正則1.はじめに 地域の自然環境を活用した保健休養活動が、全国的に盛んに行われている。保健休養活動のための自然環境という点から山梨県を見ると、県の面積の78%が森林で覆われていること […]

Vol.176-2 健康システムと健康産業の動向

公益財団法人 山梨総合研究所調査研究部長 中田 裕久はじめに 少子高齢社会の進展とともに、保健・医療・介護などの健康システムの持続可能性が問われている。これまでの健康システムは医療を中心に構築されてきたが、財政的に健康シ […]

Vol.175-1 看護職の立場から「里親の養育支援に関する研究」への取り組み

山梨県立大学 看護学部看護学科准教授 田淵 和子Ⅰ.はじめに 近年、わが国においても子どもへの虐待が増加し、全国の児童相談所における児童虐待に関する相談対応件数は児童虐待防止法施行前の平成11年度11,631件に比べ、平 […]

Vol.175-2 社会保障費用統計からみた社会保障制度の状況

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 進藤 聡1 はじめに 2012年11月に国立社会保障・人口問題研究所が2010年度の社会保障費用統計を発表し、社会保障給付費がはじめて100兆円を突破した。  社会保障制度について […]

Vol.174-1 6次産業開発健康食品が生体におよぼす影響を評価する試み

山梨県立大学人間福祉学部准教授 鳥居 美佳子1.はじめに 農林水産省では、雇用と所得を確保し若者や子どもも集落に定住できる社会を構築するため、農山漁村の6次産業化を推進している。6次産業では、農林漁業(1次産業)と2次・ […]

Vol.174-2 公共施設白書の公表状況と今後の展望

公益財団法人 山梨総合研究所研究員 佐藤 史章1.はじめに 自治体において「公共施設白書」の作成実績が増えている。この背景には高度経済成長と人口増にあわせて1960~70年代に建造した公共施設が40~50年経った現在、更 […]

Vol.173-1 高速ネットワークとモバイル端末を用いた地域情報化の取り組み

山梨県立大学国際政策学部准教授 八代 一浩1 はじめに 地域情報化とは地域の課題をICT(Information and Communication Technologies)を用いて解決する政策の総称である。もともとは […]

Vol.173-2 自転車の安全な走行空間を求めて

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 河住 圭彦1 はじめに 自転車は一般生活において欠かせないツールである。買い物や通勤・通学など短距離の移動において自動車や電車等の交通手段より手軽で、交通渋滞や運行時間に左右されな […]

Vol.172-1 リラクセーション ― その意味と効用

山梨県立大学看護学部准教授 百々 雅子はじめに 「リラックス」という言葉を、いまはどこでもよく見聞きする。私たちは日常において、リラックスをそれほど頻繁に意識しなくてはならぬほどの緊張を強いられているのだろうか。また、「 […]

Vol.172-2 公共交通を活かしたまちづくり

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 矢野 貴士1.はじめに 過日、富山市を舞台に第7回日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)が開催された。 「モビリティ・マネジメント(Mobility Management, […]

Vol.171-1 ピアカウンセリングの理論を基盤とした住民との協働によるメンタルヘルス対策

山梨県立大学 人間福祉学部福祉コミュニティ学科准教授 大塚 ゆかり1 はじめに 現代社会では「うつ病」「自殺」「虐待」「いじめ」などが身近な問題としてニュースに取り上げられ、住民の心の健康を考える機会が増えている。また、 […]

Vol.171-2 行政は住民を「幸福」にするか~後編~

公益財団法人 山梨総合研究所研究員 赤沼 丈史幸福:みんな聞いたろう?この人のうちにも幸福がいるかだってさ。小さなおばかさん。あなたのおうちには、戸や窓が破れるほど幸福でいっぱいじゃありませんか。1 はじめに 前編では、 […]

Vol.170-1 山梨県におけるコミュニティビジネスの現状と課題

山梨県立大学 国際政策学部准教授 安達 義通1.コミュニティビジネスとは? 国内各地域では、まちづくり・観光から農業、福祉・子育て支援、環境保護に至るまで、各分野で様々な地域課題が顕在化している。これまで地域課題に対して […]

Vol.170-2 行政は住民を「幸福」にするか~前編~

公益財団法人 山梨総合研究所研究員 赤沼 丈史チルチル:ぼくのうちにも幸福がいるの?(幸福たちはまた笑いだす)1 はじめに~幸福をめぐる背景 日本は経済の成長により発展を続けてきた。社会で一丸となって経済成長を追い求め、 […]

Vol.169-1 討議民主主義と住民投票

山梨学院大学法学部政治行政学科教授 外川 伸一 2011年11月21日、笛吹市議会は、地方自治法第74条第1項に基づき、有権者5万7656人のおよそ5分の1にも及ぶ1万2424人の住民が署名し直接請求された多機能アリーナ […]

Vol.169-2 甲府市中心市街地活性化にむけて〈 後編 〉

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 古屋 亮1 はじめに 前編にて、甲府市中心市街地活性化基本計画とその現状を述べた。甲府駅北口整備が終わり、数年のうちには県立図書館、甲府市庁舎建設、県防災新館建設、甲州夢小路整備等 […]

Vol.168-1 日本上流文化圏研究所の挑戦「山の暮らしを守るために」〈下〉

~集落の将来を考え行動する~NPO法人日本上流文化圏研究所研究員 鹿島 健利■ 集落がおかれている現状 山の暮らしは自然と常に隣り合わせである。地勢的な制約により集落内の労働力しか頼る事が出来ない山の暮らしでは、厳しい自 […]

Vol.168-2 甲府市中心市街地活性化にむけて〈 前編 〉

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 古屋 亮1 はじめに 全国各都道府県の多くの市町村では、いわゆる旧来からの中心市街地が、人口減、歩行者通行量減、小売業年間販売額の低下、商店街の空き店舗率拡大などにより衰退の一途を […]

Vol.167-1 日本上流文化圏研究所の挑戦「山の暮らしを守るために」〈上〉

~地域資源を掘り起こし活用する~NPO法人日本上流文化圏研究所事務局長 鞍打 大輔■「日本・上流文化圏構想」とNPO法人日本上流文化圏研究所 山梨県早川町は、県の南西部に位置し、富士川の支流であり南アルプスの主峰・北岳に […]

Vol.167-2 定住人口の増加に向けて

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 中村 直樹1 はじめに 「日本の総人口、最大の25万人減」「山梨県の人口、85万人台に落ち込み」―――  本年4月18日の朝刊各紙では、総務省人口推計などの結果がセンセーショナルに […]

Vol.166-1 里山再生活動と生物多様性の関わり

NPO法人 自然とオオムラサキに親しむ会会長 跡部 治賢オオムラサキについて 山梨県北杜市は我が国有数の国蝶オオムラサキの生息地として知られています。特に八ヶ岳南麓の七里岩と呼ばれる里山林一帯は、日本で最も個体数の多い地 […]

Vol.166-2 地下水は誰のものか

公益財団法人 山梨総合研究所副理事長 早川 源 ローマ倶楽部が「成長の限界」を予見したのは1972年だが、40年を経て、エネルギーにも水にも限界が見えてきた。  エネルギーについては、1979年3月28日のスリーマイル島 […]

Vol.165-1 映画を通じてのコミュニティの活性化

社団法人笛吹青年会議所 岩野 博司1. 市民が主体的に“行動”出来る土壌づくりを目指す 2010年11月当時、私が理事長(2010年1~12月任期)を務めていた社団法人笛吹青年会議所は、該当年度のメイン事業として『ふえふ […]

Vol.165-2 企業文化の形成、進化、衰退を考える

公益財団法人 山梨総合研究所専務理事 福田 加男1.企業文化の定義 企業文化の定義については様々な書物で、様々な定義付けがされている。例えば、梅澤正氏は、「人が見える企業文化」の中で「それぞれの会社がこれまで培い、定着さ […]

Vol.164-1 山梨学院大学からの提言 『ICTイノベーションによる地域・企業の活性化』(4)

連載(4)ICTイノベーションによる山梨活性化について山梨学院大学 経営情報学部学部長 齊藤 実はじめに『ICTイノベーションによる地域・企業の活性化』の連載シリーズでは、高度に整備されつつあるICTインフラストラクチャ […]

Vol.164-2 ドイツのエネルギーシフト戦略と日本への展開

公益財団法人 山梨総合研究所調査研究部長 中田 裕久1.はじめに 本年2月29日から3月2日にかけて、「スマートエネルギーWeek2012」が東京ビックサイトで開催された。昨年の原発事故によって、日本では再生可能エネルギ […]

Vol.163-1 山梨学院大学からの提言 『ICTイノベーションによる地域・企業の活性化』(3)

連載(3)ICTマネジメントと情報セキュリティについて山梨学院大学経営情報学部教授 金子 勝一はじめに 厳しい企業環境が続く中で、多くの日本企業がICT活用を戦略上の重要な課題として位置づけている。さらに、こうした企業レ […]

Vol.163-2 地域課題討議の現場から

~若者を集めるステージの創造~公益財団法人 山梨総合研究所研究員 赤沼 丈史1 はじめに 山梨総合研究所では、県内市町村が抱える地域課題について考え、市役所・役場職員と膝を交えて話し合い、自治体行政への有効な提言につなげ […]

Vol.162-2 地域課題討議の現場から~観光振興アクションプラン試案

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 中村 直樹1 はじめに 山梨総合研究所では、県内市町村が抱える地域課題について考え、市役所・役場職員と膝を交えて話し合い、自治体行政への有効な提言につなげていこうとの目的で、毎年度 […]

Vol.161-1 山梨学院大学からの提言 『ICTイノベーションによる地域・企業の活性化』(2)

連載(2)クラウド・コンピューティングの概要とその有効性について山梨学院大学経営情報学部教授 金子 勝一はじめに ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)の […]

Vol.161-2 五感を活かしたまちづくり

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 矢野 貴士1.はじめに 週末になると、都会でサラリーマン生活をしている同級生の多くが、故郷の山梨へ帰省してくる。彼らに帰省理由を問うとその多くは、満員電車やコンクリートのビル街から […]

Vol.160-1 山梨学院大学からの提言 『ICTイノベーションによる地域・企業の活性化』(1)

連載(1)ICTイノベーションの必要性について山梨学院大学経営情報学部学部長 齊藤 実はじめに 閉塞感が漂う地域社会や企業の活性化のためICT(Information and Communication Technolo […]

Vol.160-2 韓国のバイオ産業戦略

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 小柳 哲史1.はじめに 山梨総合研究所は韓国の忠清北道にある忠北発展研究院と調査・研究の協定を締結しており、定期的に日韓交流のセミナーを開催している。毎年日本と韓国で交互に開催して […]

Vol.159-1 行政に奢りはないか?

~「民」の力を引き出す黒子としての「官」~日本総合研究所 主任研究員 藤波 匠3.11以降、旧来型公共事業復活の動き 3月11日の東日本大震災以降、わが国が直面しつつも先送りにしてきた諸課題が、白日のもとにさらされた。た […]

Vol.159-2 産業空洞化論を超えて

~大メコン経済圏に活路を開く県人企業の挑戦<後編>~公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 井尻 俊之タイの深刻な洪水被害 タイでは50年に一度とも言われる大洪水が首都バンコクの中枢部にまで迫っている。マスコミ報道による […]

Vol.158-1 減災力の強い家庭づくり・地域づくり・職場づくり

「防災から減災へ」NPO法人減災ネットやまなし理事長/山梨大学客員教授 向山 建生1 被災して 小学校5年生の夏休みのこと。正確には昭和34年(1959)8月14日、富士川に沿って猛スピードで北上してきた大型台風7号の、 […]

Vol.158-2 産業空洞化論を超えて

~大メコン経済圏に活路を開く県人企業の挑戦 前編~公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 井尻 俊之1.はじめに 山梨総合研究所「アジアフォーラム21」は2011年度海外調査事業として、9月4~7日タイに調査団(風間善樹 […]

Vol.157-1 清里フィールドバレエ被災地へ

~東北各地の避難所に無料公演を届けた思い~萌木の村株式会社 代表取締役 舩木 上次 平成23年8月2日、萌木の村株式会社(北杜市高根町清里)は経済産業省から東日本大震災の復旧や復興に貢献した全国の中小企業の取り組み事例1 […]

Vol.157-2 歴史的なまち並み景観についての考察

公益財団法人 山梨総合研究所主任研究員 村松 公司 1.はじめに 「鞆の浦」という地域があるのをご存じであろうか。この鞆の浦は山陽新幹線・山陽本線のJR福山駅(広島県)からバスで30分程度行った半島に位置しており、いにし […]