平和な日々 切に願う

毎日新聞No.452 【平成27年12月25日発行】  暖冬の影響で、本県特有の底冷えする寒い日が少ないからだろうか、あまり実感がわかないが今年も残すところあとわずかとなった。一年が何故にこんなにも早いのかと感じた人も多 […]

ふるさと納税、その使い道は

毎日新聞No.451 【平成27年12月11日発行】 平成27年度の税制改正で、ふるさと納税がより有利に、簡単に利用できるようになった。ふるさと納税は、個人が2千円を超える寄附を行ったときに所得税、住民税が還付、控除され […]

いいじゃん、ものづくり

毎日新聞No.450 【平成27年11月27日発行】 下町ロケットといえば皆さんご存知、池井戸潤氏の直木賞受賞作品である。毎週日曜日に同タイトルのドラマが放送されているが、これをみて翌日からがんばろうと気持ちを奮い立たせ […]

無尽に行ってきます

毎日新聞No.449 【平成27年11月13日発行】 初めて山梨を訪れた時、私は街中の居酒屋にある「大小宴会、無尽、承ります」の看板を見て、「無尽」とはいったい何だろうと思った。知り合いもいない見知らぬ土地で、「無尽」と […]

スマホの電源、切る勇気を

毎日新聞No.448 【平成27年10月30日発行】 先日、日本小児科医会が主催する「スマホ社会の落とし穴~子どもの脳とからだに異変が!」に参加した。特別講演が、あの“脳トレ”で有名な東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太 […]

人の役に立つ人間に

毎日新聞No.447 【平成27年10月16日発行】  七五三の文字をよく目にするようになった。七五三は子どもの健やかな成長を祝う行事で、発祥は室町時代にさかのぼるといわれている。  わが家でも次男が5歳になる。思えば、 […]

“もったいない”を合言葉に

毎日新聞No.446 【平成27年10月2日発行】 今夏の猛暑を始め、豪雨による大災害など、近年異常気象が深刻化している。こうした気候変動の問題解決に向けて取り組んでいくことは、喫緊の課題である。 我が国は、戦後、物質的 […]

お米のはなし

毎日新聞No.445 【平成27年9月18日発行】 5年前に山梨に戻り、荒れ果てていた実家の「雑木田んぼ」と格闘した。機械もなく、植える苗もなかったが、とにかく「雑木田んぼ」を見るに忍びなく、ひたすらに格闘していた。5月 […]

やっぱり笑顔

毎日新聞No.444 【平成27年9月4日発行】 8月、ちょっと奮発して沖縄へ家族旅行に出かけた。さすがは、国内有数の観光地である。空を見上げれば旅客機がひっきりなしに離陸していくし、那覇市内は観光客が大半を占めるであろ […]

虫とあそぼう

毎日新聞No.443【平成27年8月21日発行】 虫好きで知られる解剖学者の養老孟司氏は、「虫採りをして正気に戻ろう」と主張する。  虫採りをすると世界が広がるのである。虫採りにより、直接的には自然の豊かさが体感でき、間 […]

盆地文化を見直すとき

毎日新聞No.442【平成27年7月24日発行】 いま、市町村は地方創生をめざして総合戦略づくりに取り組んでいる。 少子高齢化が進み、時代は「成長」から「成熟」へ向かい大きな転換期にある。そのスピードはきわめて速く、かつ […]

総合戦略と空き家対策

毎日新聞No.441【平成27年7月10日発行】  現在、地方自治体では「人口ビジョン」と「地方版総合戦略」の策定に向け、検討を行っている。  6月12日には、ローカル・アベノミクスの実現に向けた国の基本方針を示す「まち […]

地元グルメを世界に!

毎日新聞No.439【平成27年6月12日発行】  日本政府観光局(JNTO)による毎月の統計報道発表資料によると、2014年の訪日外客数は前年比29.4%増の1341万人で、過去最高記録となっている。また、2015 年 […]

知ってたもん?

毎日新聞No.438【平成27年5月29日発行】 プロ野球の広島が「知ってたもん勝ち」とプリントされたTシャツを発売した。 5月4日のプロ野球、広島-巨人戦。9回裏、巨人にとってはサヨナラ負けのピンチの場面。なんとか踏ん […]

人と動物の共生

毎日新聞No.437【平成27年5月15日発行】  Twitter等で拡散され、スマホ向けアプリ「ねこあつめ」の人気が拡大している。  仮想の庭に餌やボールなどを置き、猫が来るのを待つだけ。やって来た猫を眺めたり、撮影し […]

地域で支えるDr.ヘリ

毎日新聞No.436【平成27年5月1日発行】 ドクターヘリをご存知であろうか。救急専門の医師と看護師、医療器材を乗せた“救急医療用ヘリコプター”のことである。  山梨県立中央病院を基地病院に、この4月で運用は4年目をむ […]

五月病になる前に

毎日新聞No.435【平成27年4月17日発行】 強烈な歯痛で歯科医院に駆け込んだ。口の中を念入りに診てもらっても、レントゲンを撮っても、歯にも歯茎にも異常はない。疲れやストレスで、痛みが出ることがあるのだという。  ス […]

備えがあれば・・・

毎日新聞No.434【平成27年4月3日発行】 4月。新しい年度を迎え、入社式や入学式が開かれる時期である。これらの行事の開催前に、予行演習を実施する組織もあるだろう。予行演習では、式の進行確認を始め、場合によっては不測 […]

歴史から未来を想う

毎日新聞No.433【平成27年3月20日発行】 戦後70年にあたり今夏の首相談話が注目されている。奇しくも、先日旧帝国海軍の戦略思想の象徴とも言える戦艦武蔵がフィリピン沖のシブヤン海の海底で発見された。武蔵は大和型戦艦 […]

ご当地キャラクターへの期待

毎日新聞No.432【平成27年3月6日発行】  1980年の地方博覧会ブームで作られたキャラクターに端を発すると言われるご当地キャラクター。今や、日本全国で数多く活躍している。  「八百万の神々」という言葉があるように […]

仮想と現実を楽しむ

毎日新聞No.431【平成27年2月20日発行】  先日の当欄でグーグル社が提供しているスマホ向けアプリ「Ingress」を紹介した。筆者も昨年秋から実際にインストールして使っているが、その結果、日常生活の行動が少し変わ […]

「ここ」でなければ

毎日新聞No.430【平成27年2月6日発行】  「地方創生」の動きが加速している。取組の主眼は都市から地方への人の流れを作り、地方の活性化を図ることで中長期的に日本の活力を維持していこうというものである。  県内自治体 […]

農村資源と情報発信

毎日新聞No.429【平成27年1月23日発行】  グリーン・ツーリズムという言葉を聞いたことがあるだろうか。農山漁村地域において、自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動と定義される。  もともとヨーロッパにお […]

積極思考で明るい未来を

毎日新聞No.428【平成27年1月9日発行】 物事の捉え方は、人により様々です。ある事象をどの角度から見るかにより、ぜんぜん違って見えます。どれが正しいというわけではありません。  新しい年が始まりました。皆さん、今年 […]

長寿社会に欲しいもの

毎日新聞No.427【平成26年12月26日発行】 増田寛也編著「地方消滅」(中公新書)を読みながら、以前、当コラムに「第三の居場所」というタイトルで寄稿したことを思い出した。少し長くなるが引用してみたい。「JR甲府駅の […]

医療・健康産業と政策

毎日新聞No.426【平成26年12月12日発行】 21世紀の現在、「人口減少・低成長・模倣できるモデルがない」時代となり、少子高齢化、社会保障制度、エネルギー、都市インフラなどが絡み合った諸課題を自ら解決せざるを得ない […]

「女性の活躍」覚悟をもって

毎日新聞No.424【平成26年11月14日発行】 夕方、仕事を切り上げ二男の保育園に行くと、育休明けのお母さんに会った。「今帰り?」「違う、ちょっと抜けて来ただけ。今からこの子を病院に連れて行って、そのあと実家に預けて […]

深呼吸ノススメ

毎日新聞No.423【平成26年10月31日発行】 台風が猛威を振るった10月上旬、筆者の職場のエレベーターが浸水のため使用できなくなり、しばらくの間、階段による昇降を余儀なくされた。すっかり鈍った体に、これは堪えた。と […]

追いかけようぜ!

毎日新聞No.422【平成26年10月17日発行】 私の地元は甲府市北部の小さな町である。正面真近に南アルプスの山々が連なり、先端の峠からは甲府盆地が眼下に広がる。その先に富士山がそびえ、あちらこちらに先祖たちが生きてき […]

親も育つ子育て

毎日新聞No.421【平成26年10月2日発行】 二人目の育児は喜び2倍、苦労は4倍なんて話を聞いていたが、我が家でもひと月半前に第二子が誕生し、今まさにその状態を実感している。  典型的な核家族であり、筆者がフルタイム […]

有機農業の推進

毎日新聞No.420【平成26年9月19日発行】 スーパー等で野菜を買う時に「JAS」や「有機農産物」等の表記を見ることが増えてきたのではないだろうか。 農林水産省の「有機農業の推進に関する現状と課題」(H25.8)によ […]

碑(いしぶみ)に想う

毎日新聞No.419【平成26年9月19日発行】 この夏、地元自治体関係者との研究会の為に大菩薩峠の麓にお邪魔した。かつては神金、玉宮、大藤といった村々があった地域で、甲州切妻の民家や石造物が点在する様子は、当地の歴史の […]

モノのインターネット

毎日新聞No.418【平成26年8月22日発行】 スマホを含めた携帯の世帯保有率は95%に達し、パソコンも80%前後で推移している。多くの人にとって、インターネットに接続してメールをやり取りしたり、情報を得たりすることは […]

空き家を減らさなければ

毎日新聞No.417【平成26年8月22日発行】  人が住んでいない空き家の住宅総数に占める割合が、平成15年、平成20年の調査に続き、平成25年に実施した今回調査でも22.0%で全国トップとなった。しかも、着実に上昇し […]

ユネスコエコパーク正式承認

毎日新聞No.416【平成26年7月25日発行】  6月11日、スウェーデンで開催された第26回MAB国際調整理事会において「南アルプスユネスコエコパーク」が正式に登録承認された。関係者のご努力に心から敬意を表した。   […]

レベルアップに例外はなし

毎日新聞No.414【平成26年6月27日発行】  FIFAワールドカップブラジル大会、決勝トーナメントが29日(日)から始まる。4年に1度のお祭りの中、普段見ることの出来ない強豪国同士の真剣勝負。深夜から朝にかけてサッ […]

所変われば言葉も変わる

毎日新聞No.413【平成26年6月13日発行】  「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく」。歌人・石川啄木の代表歌である。家族や故郷から遠く離れている者が郷愁を覚え、雑踏の中から故郷の言葉を懸 […]

森を歩こう

毎日新聞No.412【平成26年5月30日発行】  万緑の季節、山道を歩くのは気持ち良い。心地よくひんやりとして適度な湿度の中、木々の生命力を感じることができる。自分のペースでゆっくりと、時々岩の上に腰を下ろして大きく深 […]

消滅可能性都市からの脱却

毎日新聞No.411【平成26年5月16日発行】  2014年5月8日、学識経験者らで組織する日本創成会議・人口減少問題検討分科会(座長・増田寛也元総務相)から発表された「ストップ少子化・地方元気戦略」は、非常に衝撃的な […]

地域の個性

毎日新聞No.410【平成26年5月2日発行】  先日、群馬県の嬬恋村を訪れる機会があった。まだ、春になったばかりの時期だったので、一面のキャベツ畑はまだ何もない状態であったが、きれいに管理された畑や間を縫って続いていく […]

椅子取りゲームは、「はしっこく」

毎日新聞No.409【平成26年4月18日発行】  集団登校の後姿に、新しいランドセル。春は進学、進級・クラス替えの季節である。そういえば、クラス替えの後のレクリエーションで「椅子取りゲーム」をしたことを思い出す。  “ […]

フルーツ王国であるために

毎日新聞No.408【平成26年4月4日発行】  2月の未曾有の大雪で、山梨県の施設園芸は大きな被害を受けた。 一方、通常の露地栽培にはほとんど被害がないことから、フルーツ王国やまなしは今年も健在である。山梨県のフルーツ […]

左右の区別はしっかり

毎日新聞No.407【平成26年3月20日発行】  一日の仕事を終えると外は暗い。自転車の前後のライトをつけ、自宅へと走り出す。走るのは車道の左側。見通しの悪い交差点に差し掛かり、青信号だが声が聞こえたため減速すると、左 […]

大雪から考える街づくり

毎日新聞No.406【平成26年3月7日発行】  観測史上最多の降雪から約3週間が経った。日常生活に大きな支障が出ただけでなく、産業、特に農業関係に大きな被害が出た。関係者の心労は大変なものであろう。一般市民としては何も […]

リニア新幹線中間駅の可能性

毎日新聞No.405【平成26年2月21日発行】 2027年のリニア新幹線開通まで14年を切った。まったく新しい輸送手段がもう目の前に迫っている。こうした中、中間駅周辺の各自治体・団体等は既に整備計画の策定に着手し、それ […]

太陽熱利用に期待する

毎日新聞No.404【平成26年1月24日発行】 日本では低炭素社会とともに人口減少、高齢化社会に対応した持続可能な地域社会の形成が課題である。 地球温暖化対策基本法案は平成22年3月に閣議決定されたが、翌年の東日本大震 […]