CUU 現状と課題

山梨日日新聞No.40【令和6年2月19日発行】  山梨県の新たな取り組みである「やまなしキャリアアップ・ユニバーシティ(CUU)」がいよいよ動き出した。CUUとは、地域で働く社会人を対象に、時代の変化に対応した「新たな知識やスキル」[…]

岐路に立つ消防団の役割

毎日新聞No.657【令和6年2月18日発行】  1月1日に発生した能登半島地震では、多くの尊い命が犠牲となった。その中には、一人の消防団員もいた。輪島市の40代男性消防団員は、最初の地震で同居する母と祖母を家の外に逃がし、続いて発生[…]

未来を思い描くことの力

山梨日日新聞No.39【令和6年2月5日発行】  “20XX年、「電動垂直離着陸機(以下、eVTOL)運送法」が施行されたことにより、これまで一部の限られたエリアで試験的に導入されていた、いわゆる“空飛ぶ車”が一般にも利用できるように[…]

デジタル技術による防災力の強化

毎日新聞No.656【令和6年2月4日発行】  令和6年1月に能登半島地震が発生してから1か月が経過した。被災された方々には心よりお見舞い申し上げたい。  全国の自治体ではデジタル技術を活用して防災対策を行う「防災DX」の取り組みが[…]

YAFOメールマガジン VOL.163 2024年1月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.163 2024年1月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━[…]

Vol.306-1 令和6年4月1日から障がい者への合理的配慮が義務化 ―合理的配慮は通常のサービスの延長です―

社会福祉法人 山梨県障害者福祉協会 専門相談員 坂村 裕輔(山梨総研OB) (この記事の中では「障害」は「障がい」と記載します。「害」という字が好ましくないという意見が当協会に多く寄せられているためです。法律名や障害者白書のような固有名[…]

Vol.306-2 視覚障害者を取り巻く社会環境について

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 山本 陽介 1.はじめに  皆さんは“ロービジョン”という言葉を聞いたことがあるだろうか。法律等での明確な定義はないが、一般的には「視覚に障害があるため生活に何らかの支障を来している人」、つま[…]

災害時のSNS活用

山梨日日新聞No.38【令和6年1月22日発行】  正月に北陸地方を襲った令和6年能登半島地震から20日近くが経過した。本地震による被害は大きく、各種ライフラインに甚大な被害が生じ、今なお復旧途上である。こうした状況も踏まえ、今回は災[…]

被災地支援のカタチ

毎日新聞No.655【令和6年1月21日発行】  正月に北陸地方を襲った令和6年能登半島地震から約3週間が経過したが、被災地の復旧・復興はまだ始まったばかりである。連日報道される被災者の大変な姿に、何か支援できることはないかと考える人[…]

“会議”じゃなきゃダメですか?

毎日新聞No.654【令和6年1月7日発行】  新年を迎えて晴れやかな気持ちで紙面をご覧になっている方には申し訳ないが、年が変わっても我々の周りには引き続き悩ましい問題が数多く残っている。課題先進国といわれる日本には、介護、子育て、防[…]

YAFOメールマガジン VOL.162 2023年12月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.162 2023年12月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━[…]

Vol.305 官民連携等による地方の公的不動産(PRE)の再生

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 櫻林 晃 1. はじめに  近年、我が国において公共施設の老朽化対策が大きな課題となっている。高度経済成長期に建設された多くの公共施設で老朽化が進行しており、内閣府「経済財政運営と改革の基本方[…]

利他と共感による寄付

山梨日日新聞No.37【令和5年12月25日発行】  年末になると普段よりも寄付や募金の街頭活動を目にする機会が増える。認定NPO法人日本ファンドレイジング協会によると、2022年の個人による寄付の総額は、推計で約1兆2千億円となって[…]

高齢者と情報格差

毎日新聞No.653【令和5年12月24日発行】  コロナ禍を経て、社会全般でキャッシュレス決済や各種手続きの自動化・オンライン化が急速に進んだ。当初は、環境変化に戸惑っていた人々も、順次適応することで、その利便性を理解し、若年世代を[…]