豊かさ実感できる山梨に

毎日新聞No.595【令和3年7月25日発行】  私事であるが、6月15日付けで「公益財団法人山梨総合研究所」の理事長に就任した。前理事長の新藤久和氏の後を引き継ぎ、大きな責任を感じている。  当研究所の目指すところは、地域の価値を[…]

やまなし地域づくりフォーラム2021を開催しました

 “VUCA”と呼ばれる先行き不透明な時代。地域を取り巻く課題も複雑化・複合化する中、その解決には、これまでの枠組みを超えた新たなつながりが求められています。  そこで、各分野で地域づくりに携わる方々とともに、今日の地域を取り巻く[…]

消防団活動から地域を開け

毎日新聞No.594【令和3年7月11日発行】  集中豪雨、台風、地震、火山噴火など自然災害が頻発している昨今。特に夏と豪雨は、切り離せなくなっている。その夏がやってきた。  私は消防団に入り早8年、幸いにも水害を経験したことがない[…]

YAFOメールマガジン VOL.132 2021年6月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.132 2021年6月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ■■ インデックス […]

Vol.275-1 「教職の魅力発信」と「教師の人材確保」について

山梨県知事政策補佐官 前山梨県教育委員会教育長  斉木 邦彦   1.はじめに  私は高校の世界史教員を今年3月退職し、4月から専修学校山梨予備校に校長として勤務しています。入学式のあいさつの中で、「43年[…]

Vol.275-2 どんど焼きで世界は一つ、祈りも一つ

公益財団法人山梨総合研究所 元主任研究員   NPO地域資料デジタル化研究会理事 井尻 俊之 1.小正月行事「どんど焼き」全国・世界調査の概要  山梨県の冬の風物詩を代表する行事といえば「どんど焼き」がまず挙げられる。小正月の1月14[…]

メンタルヘルスの処方箋

毎日新聞No.593【令和3年6月27日発行】  テニスの大坂なおみ選手がうつに悩まされてきたことを告白し、全仏オープンを棄権したのは先日のこと。芸能界では、深田恭子さんが適応障害の治療のため活動を休止するなど、著名人のメンタルヘルス[…]

理事長の交代について

弊財団は、令和3年6月15日開催の理事会において、次のとおり理事長が交代いたしましたのでお知らせします。    新 理事長  氏  名 今井 久(いまい ひさし) 最終学歴 テネシー大学大学院、メ[…]

デジタル社会はやってくる

毎日新聞No.592【令和3年6月13日発行】  デジタル庁が9月に発足する。「準備中」とあるホームページを覗いてみると、デジタル改革担当の平井大臣のコメントよりも上部に「行政を透明に。」というタイトルで、文章や画像などを投稿できるメ[…]

YAFOメールマガジン VOL.131 2021年5月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.131 2021年5月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ インデックス ━━━[…]

Vol.274-2 計画の行間に込められた想い

~介護保険事業計画を題材に~   公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 山本 直子 1.はじめに  高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組みとして2000年に創設された介護保険制度は、4月から第8期介護保険事業計画(2[…]

逆境こそ変革を

毎日新聞No.591【令和3年5月30日発行】  5月20日、事業再構築補助金の二次公募が始まった。  事業再構築補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために[…]

生涯学習意欲の高まり

毎日新聞No.590【令和3年5月16日発行】  コロナ禍にあって、あらためて存在感を増している大学の一つに放送大がある。山梨学習センターが山梨大甲府キャンパス構内にあることからも、公立大の印象が強いが、意外にも私立大である。  長[…]

自主研究の成果報告会を開催しました(2021.5.14)

  本財団では、地域に関する課題などをテーマとした自主研究を行っており、令和2年度の自主研究の成果報告会をオンラインにて開催しました。 コメンテーターの山梨県立大学国際政策学部教授の箕浦一哉先生含め、30名と多くの方に参加[…]

弱みと向き合う強さを

毎日新聞No.589【令和3年5月2日発行】  新年度を迎えて早1か月。季節はあわただしく駆けていき、気がつけば新緑のまぶしい季節である。年度末に人事異動があった組織では、変化した環境にほんの少し、慣れてきた頃だろうか。  当財団で[…]

YAFOメールマガジン VOL.130 2021年4月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.130 2021年4月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□メールマガジンをリニュー[…]

Vol.273-2 スポーツ少年団の現状と活性化への取り組み

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 鷹野 裕之 1.はじめに  山梨県内のスポーツ少年団の活動はどう移り変わってきただろうか。県スポーツ協会によると、団員登録数が最も多かったのは、1985(昭和60)年度(1986年3月[…]

地域に若者活躍の機会を

毎日新聞No.588【令和3年4月18日発行】  4月から自治会の組長となった。わが組は7軒しかなく、施設に入居している人もおり、5年に一度順番が回ってくる。  自治会活動の衰退が指摘されて久しい。その原因の一つは、地域の活動に参加[…]

ともに成長する組織へ

毎日新聞No.587【令和3年4月4日発行】  気がつけば、もう4月である。  自治体や民間企業からの出向者で構成される山梨総研は、3月末で3名が出向元に戻り、4月から新たに3名がやって来る。この原稿が掲載される頃には、新たな顔ぶれ[…]

新規派遣・出向職員が赴任

4月から、新しい仲間が加わりました。  山梨総合研究所は、山梨県様、県内市町村様、山梨中央銀行様、山日YBSグループ様から派遣・出向職員を受け入れていますが、今年も新たな派遣・出向職員が赴任いたしました。  若いスタッフが加わり、パワー[…]

Vol.272-1 山梨の図書館に携わって70年の歩みを振り返る

NPO法人山梨子ども図書館顧問  浅川 玲子     1.県内に初めての町立図書館が誕生  1988(昭和63)年、温泉のまち石和町(現笛吹市)に、町民が気軽に利用できる町立図書館が開館しました。全国[…]

Vol.272-2 地域における持続可能な中小企業経営を目指して

公益財団法人 山梨総合研究所 調査研究部長 佐藤文昭 1. はじめに  地域において地元の中小企業が持続可能となるためには、人(人材)、もの(資源)、金(経済)などの地域資源が循環する仕組みをつくることが重要である。そのためには、[…]

YAFOメールマガジン VOL.129 2021年3月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.129 2021年3月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━[…]

VOL.129 153g

 「153g」。コンビニエンスストアで販売しているおにぎりの重さが100g前後。おにぎり約1個半の重さとなる。これが何の重さかというと、「第4次廃棄物総合計画」に記載されている山梨県の1人一日当たりの家庭から排出されるごみの減量目標である。[…]

上野原市と協定を結びました

2021.03.24 上野原市と山梨総合研究所で地域課題等の解決に向けて共に取り組むことを目的に包括連携に関する協定書を調印しました。
[…]

2020年度アジアフォーラム21 シンポジウムを開催しました。

 2020年度のアジアフォーラム21シンポジウムは「新時代の企業経営と地方創生~withコロナ、afterコロナの事業の行方~」をテーマに、会場参加とリモート参加を併用して開催しました。  日時・場所 ほか  日 時:202[…]

知っていますか?わがまちの計画

毎日新聞No.586【令和3年3月22日発行】  自分が住んでいる市町村において、各種事業実施のために策定している計画が一体いくつあるかご存じだろうか。法律で策定が義務付けられているものから、自治体が独自に策定しているものまで含めると[…]

Go to ご近所散歩

毎日新聞No.585【令和3年3月7日発行】  先日、ある自治体の介護保険事業の今後について考える会議に出席させていただいた。会議には65歳以上の高齢者が多く出席しており、普段、自分の両親以外の高齢者と話をする機会がほとんどないため、[…]

YAFOメールマガジン VOL.128 2021年2月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.128 2021年2月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━[…]

Vol.271-1 山梨発! 地域活性化につながる発酵食品の数々

山梨大学 ワイン科学研究センター 生命環境学部地域食物科学科 教授・学長補佐  柳田 藤寿    筆者は、山梨県内各地の湖や川や水、雪などから有用な発酵微生物(酵母や乳酸菌など)を分離し、ワインや飲料をはじめ、新たな発酵食品[…]

Vol.271-2 これからの自治会活動のヒント

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 渡邉たま緒 はじめに  筆者はこれまで自治会活動の今後に向けて考察を続けてきた。昨年初め以降、新型コロナウイルス感染症により、自治会活動を縮小させた地域も多く、その結果として、「活動を縮小[…]

VOL.128 220年ぶり

 ある雑談の中で、220年ぶりに時代の大きな区切りを迎えたという話を聞いて以来、なんとなく気になっている。ご存じの方は多いのかもしれないが、調べてみると、占星術の世界では大きな時代のくくりとして「火・土・風・水」があり、18世紀の産業革命に[…]

誰もが学べる機会を

毎日新聞No.584【令和3年2月21日発行】  昨年の10月下旬、新型コロナウイルスの第3波による感染拡大が進み、政府から国民に対し、年末年始休暇の分散や延長が依頼される中、文部科学大臣は公立の小中高学校について、「緊急事態宣言の影[…]

スポーツ少年を増やそう

毎日新聞No.583 【令和3年2月7日発行】  「鬼滅の刃」や剣道シーンが多い「半沢直樹」人気もあって、剣道に興味を持つ子どもや親が増えたという。「全集中」や「呼吸」が剣道にも通じ、「友情」「協力」「困難に立ち向かう」などのテーマが[…]

YAFOメールマガジン <臨時号>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ 公益財団法人山梨総合研究所メールマガジン読者のみなさま ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  平素は当研究所発行の[…]

YAFOメールマガジン VOL.127 2021年1月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.127 2021年1月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  山梨総研 ASIA FOR[…]

Vol.270-1 記憶を記録する~昭和39年東京五輪 聖火リレー物語~

甲斐市教育委員会生涯学習文化課 竜王北部公民館館長 甲斐市元副市長 内藤 博文 1.竜王町、甲斐市の広報に携わり17年  公務員として勤務した36年間のうち、広報に関わった期間は、管理職も含め17年。目的を持って取材に行き、話を聞[…]

VOL.127 0.1%

 年が明け、早くも1月が終わろうとしている。新型コロナウイルスという恐ろしい感染症はいまだ収まる気配を見せていないが、例年であれば、この時期に猛威を振るっていたのは同じ感染症であるインフルエンザだ。毎年の感染者数は国内で1,000万人を超え[…]

胸を熱くする瞬間

毎日新聞No.582 【令和3年1月24日発行】  1月11日、第99回全国高校サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、山梨学院高校が11年ぶり2度目の選手権優勝を果たした。対戦相手は優勝候補の筆頭と言われていた全国トップクラスの強豪であ[…]

YAFOメールマガジン <臨時号>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ 公益財団法人山梨総合研究所メールマガジン定期購読者のみなさま ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  平素は当研究所発行のメ[…]

「偶然の出会い」を楽しむ!

毎日新聞No.581 【令和3年1月10日発行】  小学生の頃は新しい年を迎えると、学校や親から今年の抱負を聞かれたものである。今では何となく新しい年を始めてしまうが、「当たり前」の尊さを昨年は幾度となく意識したことから、立ち止まって[…]

YAFOメールマガジン VOL.126 2020年12月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.126 2020年12月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━[…]

VOL.126 35.8%

 4月の「気になる数字」に、歩行者が渡ろうとする横断歩道前で一時停止する車の割合を取り上げた。日本自動車連盟(JAF)の調査で山梨は、2018年がおよそ18台に1台しか止まらない5.6%(全国30位)と低く、昨年調査では26.0%(全国11[…]