国立大学法人の経営統合

毎日新聞No.514 【平成30年5月11日発行】  昨年度末に、名古屋大学と岐阜大学を運営する二つの国立大学法人が経営統合する協議に入ることが報道された。中央教育審議会でも、それを可能にするための法改正について議論が進められている[…]

YAFOメールマガジン VOL.94 2018年4月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.94 2018年4月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━[…]

地域ブランドの形成へ

毎日新聞No.513 【平成30年4月27日発行】  早いもので新年度がはじまって1か月が経とうとしている。気づけば、もうゴールデンウイーク。連休に旅行を計画している方も多いのではないだろうか。旅行会社のパンフレットや旅行サイトなど[…]

Vol.237-2 山梨県における労働力不足の実態

公益財団法人 山梨総合研究所 専務理事 村田 俊也 はじめに  先日、山梨県の人口が82万人を割り込んだという発表があった。また、国立社会保障・人口問題研究所から3月に出された将来人口の最新発表によると、山梨県の人口は、204[…]

VOL.94 「2分」

 米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は2018年1月25日「終末時計」を30秒進め、残り2分とした。  「終末時計」は、同誌の発行に関わる国際関係・科学・環境・安全保障の各識者グループの分析に基づき発表されている。[…]

クールビズ実施のお知らせ

 地球温暖化防止および節電対策の一環として、過度な冷房を控えるとともに、5月より軽装(ノーネクタイ・ノージャケット)での業務対応とさせていただきます。  皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
[…]

YAFOメールマガジン <臨時号>

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆公益財団法人山梨総合研究所メールマガジン定期購読者のみなさま ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    平[…]

チャレンジの仕掛け

毎日新聞No.512 【平成30年4月13日発行】  新年度を迎えるたびに「出会い」と「別れ」を経験する。今年は新メンバーを迎え入れる立場となったが、かつての自分の経験を思い出すと、彼らが早く職場に馴染めるために何が出来るだろうかと[…]

YAFOメールマガジン VOL.93 2018年3月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.93 2018年3月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - 山梨総合[…]

統計リテラシーの重要性

毎日新聞No.511 【平成30年3月30日発行】  「裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、一般労働よりも短いというデータもある」。これは1月29日の衆議院予算委員会における安倍晋三首相の答弁である。  正しい社会認識を持つため[…]

Vol.236-2 山梨は健康寿命がなぜ長いのか

公益財団法人 山梨総合研究所 上席研究員 古屋 亮 1 はじめに  健康寿命とは、健康上問題なく生活できる(介護や支援を必要としないで、日常生活に制限のない状態)自立期間のことをいう。  平成30年3月厚生労働省が発表した都道府[…]

VOL.93 「英語大好き100%に向けて」

 去る1年前、文部科学省は「平成28年度英語教育実施状況調査」の結果を公表した。この調査は、英語教育の充実・改善のために各都道府県・市区町村の教育委員会及び全ての公立の小学校・中学校・高等学校を対象として、「求められる英語力を有する英語担当[…]

「制度のはざま」にいる人たち

毎日新聞No.510 【平成30年3月16日発行】  好景気が続いている。あと少し経過すると、戦後最長となるそうだ。でも、全ての国民が豊かな生活を送っている、というわけでもない。  昨今、気になっているのは、「制度のはざま」や「適[…]

第6回アジアフォーラム21を開催しました (2018.3.14)

第6回アジアフォーラム21 を開催しました。 日時:2018年3月14日(水) 16:00~18:00 場所:山梨県立大学 A館6階 サテライト教室 講師:渡邉 利夫 氏(拓殖大学 学事顧問、(公財)山梨総合研究所 顧問) 参[…]

冬季オリンピックを見て

毎日新聞No.509 【平成30年3月2日発行】  平昌冬季五輪が2月25日に閉会した。インターネット上では会場までのアクセスや宿泊施設不足、メイン会場の吹きさらし、スキージャンプ会場の強風などの問題が開会前から騒がれていたが、日本[…]

第5回アジアフォーラム21を開催しました (2018.2.27)

第5回アジアフォーラム21 を開催しました。 日時:2018年2月27日(火) 16:00~18:00 場所:山梨県立大学 A館6階 サテライト教室 講師:下條 正男 氏(拓殖大学 国際学部教授) 参加人数:17名 テーマ[…]

YAFOメールマガジン VOL.92 2018年2月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.92 2018年2月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - 山梨総合[…]

Vol.235-2 山梨県の環境・健康産業の振興に向けて

公益財団法人 山梨総合研究所 調査研究部長 中田 裕久 はじめに  山梨県は首都圏(3,000万人)に近接し、豊かな自然環境を持つ地域です。環境や健康に対する社会的ニーズが増大している今日、県内の自然資源や知的資源を生かし、環境や健[…]

VOL.92 「866人」

 2月8日から2月25日まで、18日間にわたり開催された平昌オリンピックは無事にフィナーレを迎えた。今大会では金メダル4個を含む13個のメダルを獲得し、メダル総数としては過去最多、金メダルの数では1998年に開催された長野オリンピックに次ぐ[…]

移住者に優しいまちとは

毎日新聞No.508 【平成30年2月16日発行】  神奈川県から山梨県に移住をして来てもうすぐ10年になる。テレビの天気予報を神奈川県ではなく、甲府から見ることにはじまり、買い物環境、飲食店、道路事情をクリアし、周囲の山を見ながら[…]

公益財団法人 山梨総合研究所 OB会を開催しました

公益財団法人 山梨総合研究所 OB会を開催しました。  平成30年2月3日(土)、岡島ローヤル会館において公益財団法人山梨総合研究所のOB会を開催しました。  県内唯一の地域シンクタンクとして平成10年4月に創立されてから20年が経過[…]

第5回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました

第5回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました。 日時:2018年1月23日(火) 16:30~18:30 場所:山梨総合研究所 6階会議室 テーマ:超高齢化と人口減少下での持続可能な国づくりと空き家の活用【1,849KB】 […]

第3回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました

第3回環境・健康ビジネス研究会の概要を公開しました。 日時:2017年8月22日(火) 16:30~18:30 場所:山梨総合研究所 6階会議室 テーマ:地域資源を活用した地域づくり事例 → 掲載ページ(H29年度活動報告) 講[…]

高齢者を狙うのは、、、

毎日新聞No.507 【平成30年2月2日発行】  国立社会保障・人口問題研究所が先月発表した、「日本の世帯数の将来推計」によると、2015年の全国の総世帯のうち、最も多い家族形態は家族一人の「単独世帯」で1,842万世帯である。全[…]

YAFOメールマガジン VOL.91 2018年1月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.91 2018年1月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - 山梨総合[…]

Vol.234-1 外国人人材をどう受け入れるか

ユニタス日本語学校 校長 上田 一彦  昨日、帰りがけの学生に問いかけてみた。  「どこの大学に行くの?」「島根大学です。」隣にいたもう一人の学生は、「広島大学です。」  志望理由を聞いてみると、一人は、古事記が好きだから、[…]

Vol.234-2 「バズる」考察 ~あるツイートを追って~

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 渡辺 たま緒 はじめに  「バズる」という言葉をご存知だろうか。  インターネットで調べると「特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語」とある[…]

VOL.91 「17年ぶり」

 現在、甲府市の小瀬アイスアリーナと富士吉田市の富士急ハイランドセイコオーバルを会場に、第73回国民体育大会冬季大会スケート競技会「富士の国やまなし国体」が開催されている。また、先週、同会場で、冬季インターハイ(第67回全国高等学校スピード[…]

これからの10年

毎日新聞No.506 【平成30年1月19日発行】  いよいよ「平成」も30歳になった。バブル崩壊、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、長野オリンピック、日韓ワールドカップ、東日本大震災など様々なことがあった。日本という国自体も人口減[…]

トテ馬車の復活を願う

毎日新聞No.505 【平成30年1月5日発行】  昨年8月、甲府市「昇仙峡」のトテ馬車(道産子馬の観光遊覧馬車)が営業を終了した。報道等によると、トテ馬車は戦後間もなく始まり、最盛期には10数台が運行されていたが、近年は1台のみで[…]

YAFOメールマガジン VOL.90 2017年12月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.90 2017年12月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - 山梨総[…]

Vol.233-2 文化財の価値と保存・活用

公益財団法人 山梨総合研究所 研究員 大多和 健人  「文化財」と聞いて、神社仏閣、仏像や絵画、遺跡を思い浮かべる方が多いと思うが、他にも音楽や動植物、信仰、技術など文化財には幅広い分野がある。富士山も特別名勝として文化財となっている[…]

VOL.90 「46ドル」

 日本の時間当たり労働生産性(就業1時間当たりの付加価値)は46ドルであるとの報告が公益財団法人日本生産性本部から発表された。これは米国の労働生産性の3分の2にあたり、OECD加盟35ヵ国の平均51.9ドルを下回って順位は20位。G7(主要[…]

まち・ひと・しごとについて考える

毎日新聞No.504 【平成29年12月22日発行】  インスタ映えなどという知らない者にとっては何のことか見当もつかないことばが氾濫する昨今、平成26年に施行された「まち・ひと・しごと創生法」はひらがなで表されている。気になるのは[…]

ヴァンフォーレ甲府という存在

毎日新聞No.503 【平成29年12月8日発行】  サッカー観戦で泣いたのは初めてだった。  ヴァンフォーレ甲府のベガルタ仙台との今季最終戦があった山梨中銀スタジアム。電光掲示板から時間表示が消え、試合は後半の追加タイムに入って[…]

日韓国際交流研究会を開催しました (2017.11.24)

日韓国際交流研究会を開催しました。 日時:平成29年11月24日(金) 場所:韓国忠清北道報恩郡ギデリ仙愛Vill 参加人数:14名  山梨総合研究所では平成19年度から、山梨県の姉妹県にあたる韓国忠清北道にある「忠北研究[…]

YAFOメールマガジン VOL.89 2017年11月号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆ YAFOメールマガジン VOL.89 2017年11月号 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        - 山梨総合研[…]

Vol.232-1 幸福な老い“サクセスフル・エイジング”の実現を目指して

山梨県立大学看護学部 渡邊 裕子 1.はじめに  超高齢社会を迎えた我が国においては、これまでの「人生65年時代」を前提とした高齢者の捉え方についての意識改革をはじめ、働き方や社会参加、地域におけるコミュニティや生活環境の在り方、高[…]

Vol.232-2 デザイン思考による地域課題解決

公益財団法人 山梨総合研究所 主任研究員 小林 雄樹 1.はじめに  IoTやビッグデータ、AI、ロボット、シェアリングエコノミーに代表される第4次産業革命の進展や、新興国企業の追随等により、わが国経済を牽引してきた“ものづくり”の[…]

VOL.89 「30年ぶりに」

 2018年1月、30年ぶりに山梨県出身の幕内力士の誕生が期待できそうだ。  「竜電 剛至(りゅうでん ごうし)」関取である。  日本相撲協会のホームページの力士プロフィールによると、平成2年11月生まれの現在27歳。身長190.0cm[…]

富士山チャレンジ

毎日新聞No.502 【平成29年11月25日発行】  先日、環境省から2017年夏季の富士山登山者数が公表された。富士山8合目における開山日(吉田ルート:7月1日、須走・御殿場・富士宮ルート:7月10日)から9月10日までの登山者[…]

山梨地域活性化包括連携に関する協定の締結について

 山梨総合研究所は、平成29年11月7日に山梨県立大学(甲府市)、拓殖大学(東京都文京区、八王子市)と地域活性化等を目的に、包括的な連携に関する協定を締結しました。 1.協定締結に至る経緯  山梨総合研究所は、創立以来今日まで20年にわ[…]

創立20周年記念フォーラムを開催しました (2017.11.07)

 公益財団法人山梨総合研究所 創立20周年記念フォーラムを開催しました。  平成29年11月7日(火)甲府富士屋ホテルにおいて、行政関係者、企業関係者、NPO法人など約250名の参加者とともに、公益財団法人山梨総合研究所創立20周年記念フ[…]

自殺対策 どうあるべき

毎日新聞No.501 【平成29年11月10日発行】  2016年4月、自殺対策基本法が改正され、自治体に2018年度内の自殺対策計画策定が義務付けられた。同法は、年間自殺者が3万人を超え続けていたことを背景に06年に成立した。それ[…]