ブックタイトル山梨発の地方創生に向けて 公益財団法人山梨総合研究所 創立20周年記念誌

ページ
40/110

このページは 山梨発の地方創生に向けて 公益財団法人山梨総合研究所 創立20周年記念誌 の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

山梨発の地方創生に向けて 公益財団法人山梨総合研究所 創立20周年記念誌

20th Anniversary35山梨英和大学は前身の山梨英和女学校(キリスト教のミッションスクール)が1889 年に創立されましたので、再来年で130 周年を迎えます。山梨英和大学はこのような長い歴史と伝統の中で培われてきた3つの校訓(敬神、愛人、自修)に基づき、地域と共に歩んでまいりました。現在、山梨英和大学の入学者の約8割が山梨県の出身者であり、卒業後もほとんど地元の事業所で働いています。そのため、COC+やまなし未来創造教育プログラムCCRCコースを設けて、県内の大学、県、市町村移住促進担当、民間企業などと協力して、定期的に「みらいサロン」を開き、山梨県への移住や観光などの問題に積極的に取り組み、また本年7月21 日には本学で「山梨県と留学生の意見交換会」が開催され、副知事も参加され、「留学生の皆さん、将来もぜひ山梨県で暮らしてみて下さい」と熱く語りかけておられました。この他、5月17 日には、山梨大学で開催された「大学コンソーシアムやまなし・理事会・総会」に本学から学長はじめ数名が参加し、地(知)の拠点としての大学による地方創生の活性化について討議しました。6月20 日にはベルクラシック甲府で開催された「やまなし地方創生会議」に本学から学長と教職員数名が参加し、県内の政財学界の代表と意見を交換しました。さらに、本学ではカリキュラムの中に、「山梨学」という講義を設け、山梨県内で活躍されている文化人、大学教員、実業家、政治家などによるお話を聴くことができます。例えば、「甲州印伝」、「街の本屋のまちづくり」、「飲食店による地域活性化」、「甲府のまちづくり」、「芸術文化による地域活性化」、「山梨のワイン」、「皆が楽しんで参画する観光まちづくり」、「世界遺産富士山」、「ヤマナシの織物」、「山梨づくり、萌木の村づくり」等々の多彩で有意義な講義が揃っています。山梨英和大学の大学院人間文化研究科・臨床心理専攻は山梨県で唯一の臨床心理士を養成するコースであり、山梨県の臨床心理士の約60%は本学大学院の出身者です。来年度からはさらに国家資格の公認心理師に対応する予定です。また、大学内には「心理臨床センター」があり、本学の専門の臨床心理士が地域住民の皆様の数々の悩み(育児、子育て、対人関係、ストレスなど)の相談を受けています。さらに、山梨英和大学は、地域との協働を深めていくために、地域の多様なニーズと本学の教育・研究をつなぐ地域連携事業の一環として、1999 年に「メイプルカレッジ」を開講し、地域の皆様の生涯教育に携わってきております。ここで開講している講座は、文学・文化・心理学・情報・経済・実用的な技術・資格取得など、多岐に亘っています。また、ゼミナールや修了論文などを含めた新しいコースの設置も検討しております。今後共、山梨英和大学が地(知)の拠点大学として、地方創生と地域活性化のために、地域の皆様と共に歩んで行くことを強く願って止みません。山梨英和大学の地域活性化のための活動山梨英和大学 学長 菊野 一雄